讃岐にあったお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
タグ:生物多様性 ( 226 ) タグの人気記事
社会貢献の森
e0066586_12435204.jpg
林野庁の事業「社会貢献の森」に7年ほど前から取り組んでいます。年に1~2回、「菅組 感謝の森」と名付けた綾川町の国有林(ヒノキの人工林)の間伐を社員有志で行っているのです。今年は去る3月21日(春分の日)に社員18名と林業家 豊田さんで作業を行いました。
e0066586_12435701.jpg
けっこうな斜度のある山道を歩いて目的地へ・・・。
e0066586_12440263.jpg
このエリアのヒノキを間伐します。白いテープを巻いてある木が間伐対象の木です。こちらは林野庁の方が前もって指定してくれます。
e0066586_12440723.jpg
チェンソーを使えば早いのですが、安全面もあり、いつも手鋸でやっています。林業家 豊田さんの指導の下、この日は36本の檜を間伐しました。
e0066586_12441244.jpg

by th0031 | 2019-04-19 12:43 | 環境 | Trackback | Comments(0)
鎮守の森周辺に咲く春の花たち
e0066586_12243660.jpg
菅組本社の鎮守の森周辺で咲く春の花。
e0066586_12244269.jpg
シロヤマブキ。
e0066586_12244794.jpg
ヤマツツジ。
e0066586_12245194.jpg
ヤマブキ。
e0066586_12245660.jpg
ヤマザクラ。
e0066586_12250064.jpg
ヒメウツギ(もうすぐ開花)。
e0066586_12250488.jpg
アセビ。
e0066586_12250910.jpg
e0066586_12251419.jpg
コバノミツバツツジ。
e0066586_12252056.jpg
カスミザクラ。
e0066586_12252607.jpg
生物多様性の恵みであります・・・。
by th0031 | 2019-04-18 12:28 | 自然 | Trackback | Comments(0)
モガニ
e0066586_17425597.jpg
地元のスーパーで見つけた「モガニ」なるもの。
よくみると、これはあの「モクズガニ」ではないか。
上海ガニと同種の川蟹でとても珍味なのです。
仁尾産と書いてある。どうやら仁尾沖で漁師の網にかかったらしいのです。
調べてみると川蟹なのですが、海にも出て行くらしいのです。

生物多様性の恵み、美味しくいただきました・・・。
e0066586_17430155.jpg
e0066586_17430759.jpg
e0066586_17431364.jpg

by th0031 | 2019-04-06 12:41 | | Trackback | Comments(0)
春の里山
e0066586_12552180.jpg
2019年4月4日の讃岐の山の様子です。
一面にヤマザクラが咲き始めています。
詫間町側から見る高尾木山(たこぎやま)です。
e0066586_12552566.jpg
e0066586_12553011.jpg
e0066586_12553618.jpg
こちらは仁尾町家の浦地区の山。
ヤマザクラと新緑の風景です。
e0066586_12554189.jpg
e0066586_12555421.jpg
e0066586_12560055.jpg

by th0031 | 2019-04-05 13:01 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(0)
琵琶のハチミツ@ニホンミツバチ
e0066586_12151454.jpg
私のニホンミツバチ養蜂の師匠でもあるGさんから、貴重なハチミツをいただきました。最も美味しいと言われる琵琶100%のハチミツ、もちろんニホンミツバチの蜂蜜です。

私もはじめて見ましたが、ほとんど無色透明で今までに見たことのない色調です。味はとても上品でさっぱりしていて、甘すぎず琵琶の香りがほんのり・・とても美味しい!

これまでに食したことのない味でした。

通常、ニホンミツバチは同じ花に群がることはすくなく、ほとんどの場合いわゆる「百花蜜」と呼ばれるいろんな花の蜜が混じった蜂蜜となります。
これはこれでとても美味しいのですが、11月から12月にかけて琵琶の花が咲く時期には他の花が極めて少なく、びわ畑の周辺にニホンミツバチの群を置いておくと純粋な琵琶の蜂蜜が採れるのだそうです。
そして、他の蜜が混じらないように年末に採密するのですね。

ニホンミツバチの琵琶のはちみつ。絶品でありました・・・。
e0066586_12151922.jpg
e0066586_12152392.jpg
e0066586_12152887.jpg
e0066586_12153373.jpg

by th0031 | 2019-01-29 12:29 | | Trackback | Comments(0)
鯖のなれ鮨
e0066586_15000688.jpg
先日、好物の鮒寿司をFBにアップしたところ、T氏より「鯖のなれ鮨も美味しいよ」というコメントが入りました。
「鯖のへしこ」は何度か食したことが有り、結構好きだったのですが「鯖のなれ鮨」なるものはいまだに食したことがありません。
・・・で、さっそく「お取り寄せ」で仕入れてみたのです。

鯖のなれ鮨の作り方は以下のような感じ。
--------------------------------------------------------------------
田烏地区では『鯖のへしこ』を使って、なれずしを作るのが大きな特徴です。 『鯖のへしこ』は、10月から3月に冬場の脂ののった鯖を糠と塩で仕込み、夏の暑い日を越し、約1年、樽の中で漬け込んで熟成させた加工食品です。『鯖のへしこ』だけでも、鯖の旨みを凝縮させた風味豊かな食品であるものを、それをさらに、水洗い、塩出しして、麹と米を混ぜたものを鯖の中に入れ、約15日間漬け込み、米麹の発酵作用で、より熟成させる手間暇のかかった加工食品です。手間がかかってる分、旨みが凝縮されるわけです。『鯖のなれずし』は10月~4月までの期間限定食品です。

たがらす情報発信局より
--------------------------------------------------------------------
e0066586_15001371.jpg
e0066586_15001820.jpg
e0066586_15002585.jpg

by th0031 | 2019-01-17 12:15 | | Trackback | Comments(0)
生物多様性の恵み ニゴロブナ
e0066586_17331647.jpg
滋賀県訪問の際、大津の商店街で田中川魚店でのこと。
琵琶湖特有の淡水魚がいろいろ並ぶ中、鮒寿司を発見したのです。
思わず衝動買いしてしまいました・・・。
e0066586_17332469.jpg
e0066586_17333041.jpg
e0066586_17333594.jpg
e0066586_17334132.jpg
e0066586_17334867.jpg
子持ちで美味しそう。
e0066586_17335474.jpg
ニゴロブナが普通に捕れる琵琶湖環境を保全していって欲しいですね。世界中でココにしかいない魚なのですから・・・
by th0031 | 2018-12-24 17:39 | | Trackback | Comments(0)
アサギマダラ
e0066586_12215321.jpg
我が家の前の空き地にやってきた旅する蝶「アサギマダラ」。
2,000km飛翔することもあるという・・・。
秋の七草「フジバカマ」の香りに誘われてくるらしい。
by th0031 | 2018-10-30 12:21 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(0)
としまエコミューゼタウン
e0066586_12384799.jpg
「としまエコミューゼタウン」なる高層ビルを見学する機会がありました。
このビルは空中庭園を内包した高層ビルで、豊島区役所とマンションが一体になったビルなのだとか。
外観デザインの一部は隈研吾が手がけているようです・・・。
e0066586_12385520.jpg
e0066586_12390264.jpg
e0066586_12391081.jpg
e0066586_12391702.jpg
1~9階までは区役所のオフィス。10階のテラスから下層へ空中庭園が連続します。
e0066586_12392553.jpg
こちらは内部の吹き抜け空間。
e0066586_12393209.jpg
この地の元の自然を再現したような自然庭園がビルの各所に配されています・・・。
e0066586_12393960.jpg
e0066586_12394671.jpg
e0066586_12395453.jpg
e0066586_12400182.jpg
e0066586_12400751.jpg
e0066586_12401271.jpg
e0066586_12401884.jpg
e0066586_12402386.jpg
e0066586_12403088.jpg
e0066586_12403664.jpg

by th0031 | 2018-09-21 12:37 | | Trackback | Comments(0)
香川にある奇跡の森
e0066586_12211194.jpg
香川県仲南町(現まんのう町)にある檜の人工林。
林業家 豊田均氏の所有する森を私は「奇跡の森」と呼んでいます。
豊田さんが殆ど一人で管理しているその森は、間伐、枝打ちが行き届き太陽光が地面まで降り注ぐ健康な美しい森なのです。
そこである企業の機関誌の取材がありました。
讃岐の舎づくり倶楽部の活動の紹介と言うことで、豊田さんと私で対応させていただいたのです・・・。

それにしてもここは何度来てもマイナスイオンが満ちあふれていて実に気持ちが良いのです。
e0066586_12211774.jpg
e0066586_12212477.jpg
e0066586_12213109.jpg

by th0031 | 2018-08-06 12:20 | 森里海から | Trackback | Comments(0)