讃岐にあったお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
タグ:森里海 ( 366 ) タグの人気記事
石積みの風景
e0066586_15374119.jpg
大野原の豊稔池を越えたあたり、田野々地区を走っていると出会う石積みの風景。
素朴な石積みが美しい・・・
コンクリートやセメントを一切使わない石積みはエコスタックとして生態系を構成するビオトープでもあるのです。
e0066586_15374889.jpg
e0066586_15375446.jpg
e0066586_15380018.jpg
e0066586_15381071.jpg
googlemap:34.0388091, 133.6708571
by th0031 | 2019-01-23 12:36 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(0)
久々・・・ベーハ小屋
e0066586_15311458.jpg
久々にベーハ小屋。大野原あたり。
これははじめて見つけたものかも知れない・・・。

ベーハ小屋を探索し始めてからずいぶんと年月が経ったので、一度見た小屋だったかどうかさえわからなくなることがあるのです。
e0066586_15311800.jpg
e0066586_15312418.jpg

by th0031 | 2019-01-22 12:30 | 讃岐のベーハ小屋 | Trackback | Comments(0)
金毘羅詣りの石積
e0066586_15200122.jpg
金毘羅さんに初詣の道すがら、石段の表参道から少し外れた裏参道(?)の風景。
プリミティブな石積みです。
この手の石積みに惹かれるのです・・・美しい。
e0066586_15200761.jpg
e0066586_15201377.jpg
e0066586_15202042.jpg

by th0031 | 2019-01-18 12:19 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(0)
鯖のなれ鮨
e0066586_15000688.jpg
先日、好物の鮒寿司をFBにアップしたところ、T氏より「鯖のなれ鮨も美味しいよ」というコメントが入りました。
「鯖のへしこ」は何度か食したことが有り、結構好きだったのですが「鯖のなれ鮨」なるものはいまだに食したことがありません。
・・・で、さっそく「お取り寄せ」で仕入れてみたのです。

鯖のなれ鮨の作り方は以下のような感じ。
--------------------------------------------------------------------
田烏地区では『鯖のへしこ』を使って、なれずしを作るのが大きな特徴です。 『鯖のへしこ』は、10月から3月に冬場の脂ののった鯖を糠と塩で仕込み、夏の暑い日を越し、約1年、樽の中で漬け込んで熟成させた加工食品です。『鯖のへしこ』だけでも、鯖の旨みを凝縮させた風味豊かな食品であるものを、それをさらに、水洗い、塩出しして、麹と米を混ぜたものを鯖の中に入れ、約15日間漬け込み、米麹の発酵作用で、より熟成させる手間暇のかかった加工食品です。手間がかかってる分、旨みが凝縮されるわけです。『鯖のなれずし』は10月~4月までの期間限定食品です。

たがらす情報発信局より
--------------------------------------------------------------------
e0066586_15001371.jpg
e0066586_15001820.jpg
e0066586_15002585.jpg

by th0031 | 2019-01-17 12:15 | | Trackback | Comments(0)
古民家移築再生
e0066586_14405389.jpg
東京都調布市にあった古民家(昭和の建築です)を香川県善通寺市へ移築再生するプロジェクトが始まっています。
東京の工務店さんに丁寧に解体してもらい、香川まで運搬して、一旦我社の敷地内に仮置きしています。
この日はお施主様が材料見学に来てくれました。
弊社の宮大工が、近々建て方を行う予定です。
e0066586_14410002.jpg
e0066586_14410730.jpg
e0066586_14411432.jpg
e0066586_14412078.jpg
e0066586_14412785.jpg

by th0031 | 2019-01-15 12:38 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
生物多様性の恵み ニゴロブナ
e0066586_17331647.jpg
滋賀県訪問の際、大津の商店街で田中川魚店でのこと。
琵琶湖特有の淡水魚がいろいろ並ぶ中、鮒寿司を発見したのです。
思わず衝動買いしてしまいました・・・。
e0066586_17332469.jpg
e0066586_17333041.jpg
e0066586_17333594.jpg
e0066586_17334132.jpg
e0066586_17334867.jpg
子持ちで美味しそう。
e0066586_17335474.jpg
ニゴロブナが普通に捕れる琵琶湖環境を保全していって欲しいですね。世界中でココにしかいない魚なのですから・・・
by th0031 | 2018-12-24 17:39 | | Trackback | Comments(0)
大黒柱伐採ツアー 2018
e0066586_12303571.jpg
2002年にはじめた「大黒柱伐採ツアー」。
今年で17回目となります。
去る11月25日(日)いつもの仲南の杜で開催しました。
今回は久々の大人数、総勢58名の参加となりました。
豊田さんの森は、よく手入れされていて光が差し込む美しい森です・・・。
e0066586_12304184.jpg
塩・米・お酒でお清め。
e0066586_14273870.jpg
e0066586_12305688.jpg
今回は、4家族の家の大黒柱になる檜(樹齢 およそ85年)をそれぞれのご家族の目の前で4本伐り倒しました。
e0066586_14274322.jpg
「鳥総(とぶさ)立て」と呼ばれる儀式で、「株祭(かぶまつり)」を行います。
85年の命をいただく・・・山に感謝です。
e0066586_12311199.jpg
e0066586_12311752.jpg
e0066586_14170584.jpg
木曽式伐木運材図会・上巻にある「株祭(かぶまつり)之図」
e0066586_14171816.jpg
官材画譜に記載されている株祭(鳥総立て)の図
e0066586_12312398.jpg
豊田さんの息子さんによる間伐の実演。
鮮やかな手つきでチェンソーを操ります。
この山の次世代を担う後継者です。
e0066586_12315691.jpg
苗木の植樹。山に恩返し。
e0066586_12320305.jpg
みんなで記念撮影。
e0066586_12321095.jpg
豊田親子。そしてその次の世代・・・。
e0066586_12321672.jpg
昼食のお弁当もこだわりの逸品。「大黒箸」でいただきます。
e0066586_12322235.jpg
e0066586_12323537.jpg

by th0031 | 2018-12-20 13:06 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
詰田川河口の石積
e0066586_12313772.jpg
屋島近くの詰田川河口。昔ながらの石積みが残っています。
おそらく昔の塩田跡地、干拓の岸壁だと思われます。

良い風合いです・・・
e0066586_12314205.jpg
e0066586_12314645.jpg
e0066586_12315127.jpg
e0066586_12315631.jpg
e0066586_12320287.jpg
google map:34.346018, 134.075998
by th0031 | 2018-12-08 12:30 | 森里海から | Trackback | Comments(2)
岡山の石積
e0066586_12265241.jpg
岡山の閑谷邸の近くを散策したときに出会った石積み。こんななんでもない石積みが美しいと思う・・・。
e0066586_12265715.jpg
e0066586_12270199.jpg
石積みの横っ腹から立派なエノキが。
e0066586_12270670.jpg

by th0031 | 2018-12-07 12:29 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(0)
ナツヅタ
e0066586_13200551.jpg
我が家のすぐ近くにある空き家さん。
ブロックの壁を覆うナツヅタの紅葉です。

グラデーションが美しい・・・。
e0066586_13201081.jpg
e0066586_13201541.jpg

by th0031 | 2018-12-05 12:19 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(0)