讃岐にあったお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
タグ:国産材 ( 103 ) タグの人気記事
社会貢献の森
e0066586_12435204.jpg
林野庁の事業「社会貢献の森」に7年ほど前から取り組んでいます。年に1~2回、「菅組 感謝の森」と名付けた綾川町の国有林(ヒノキの人工林)の間伐を社員有志で行っているのです。今年は去る3月21日(春分の日)に社員18名と林業家 豊田さんで作業を行いました。
e0066586_12435701.jpg
けっこうな斜度のある山道を歩いて目的地へ・・・。
e0066586_12440263.jpg
このエリアのヒノキを間伐します。白いテープを巻いてある木が間伐対象の木です。こちらは林野庁の方が前もって指定してくれます。
e0066586_12440723.jpg
チェンソーを使えば早いのですが、安全面もあり、いつも手鋸でやっています。林業家 豊田さんの指導の下、この日は36本の檜を間伐しました。
e0066586_12441244.jpg

by th0031 | 2019-04-19 12:43 | 環境 | Trackback | Comments(0)
古民家移築再生
e0066586_14405389.jpg
東京都調布市にあった古民家(昭和の建築です)を香川県善通寺市へ移築再生するプロジェクトが始まっています。
東京の工務店さんに丁寧に解体してもらい、香川まで運搬して、一旦我社の敷地内に仮置きしています。
この日はお施主様が材料見学に来てくれました。
弊社の宮大工が、近々建て方を行う予定です。
e0066586_14410002.jpg
e0066586_14410730.jpg
e0066586_14411432.jpg
e0066586_14412078.jpg
e0066586_14412785.jpg

by th0031 | 2019-01-15 12:38 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
大黒柱伐採ツアー 2018
e0066586_12303571.jpg
2002年にはじめた「大黒柱伐採ツアー」。
今年で17回目となります。
去る11月25日(日)いつもの仲南の杜で開催しました。
今回は久々の大人数、総勢58名の参加となりました。
豊田さんの森は、よく手入れされていて光が差し込む美しい森です・・・。
e0066586_12304184.jpg
塩・米・お酒でお清め。
e0066586_14273870.jpg
e0066586_12305688.jpg
今回は、4家族の家の大黒柱になる檜(樹齢 およそ85年)をそれぞれのご家族の目の前で4本伐り倒しました。
e0066586_14274322.jpg
「鳥総(とぶさ)立て」と呼ばれる儀式で、「株祭(かぶまつり)」を行います。
85年の命をいただく・・・山に感謝です。
e0066586_12311199.jpg
e0066586_12311752.jpg
e0066586_14170584.jpg
木曽式伐木運材図会・上巻にある「株祭(かぶまつり)之図」
e0066586_14171816.jpg
官材画譜に記載されている株祭(鳥総立て)の図
e0066586_12312398.jpg
豊田さんの息子さんによる間伐の実演。
鮮やかな手つきでチェンソーを操ります。
この山の次世代を担う後継者です。
e0066586_12315691.jpg
苗木の植樹。山に恩返し。
e0066586_12320305.jpg
みんなで記念撮影。
e0066586_12321095.jpg
豊田親子。そしてその次の世代・・・。
e0066586_12321672.jpg
昼食のお弁当もこだわりの逸品。「大黒箸」でいただきます。
e0066586_12322235.jpg
e0066586_12323537.jpg

by th0031 | 2018-12-20 13:06 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
閑谷(しずたに)学校
e0066586_12541393.jpg
岡山県にある「旧閑谷学校」を訪問しました。山裾の小高い開けた土地にゆったりとそれはありました。遠景からは重厚な赤瓦と、おなじくどっしりした石塀が目をひきます。
e0066586_12541785.jpg
e0066586_12542290.jpg
赤い屋根瓦は、なんと備前焼の亙だそうです。
e0066586_12542973.jpg
小斎と呼ばれる小さな建物。上品でとても良い感じ・・・
e0066586_12543516.jpg
e0066586_12544275.jpg
e0066586_12545027.jpg
e0066586_12545638.jpg
講堂の広い廊下廻り。
e0066586_12550483.jpg
e0066586_12551140.jpg
e0066586_12551860.jpg
e0066586_12552437.jpg
幅1.8mもある石積みの塀。
この感じ、白井晟一の空間をちょっと彷彿させる・・・。
e0066586_12553075.jpg
e0066586_12553698.jpg
学校から少し離れたところにある茶室「黄葉亭」。
内部は見学できませんでしたが、周囲の風景に溶け込んでとても良い感じでありました。
e0066586_12554257.jpg
e0066586_12554908.jpg

by th0031 | 2018-12-04 12:53 | 名建築 | Trackback | Comments(0)
ゆすはら雲の上の図書館
e0066586_12290159.jpg
菅生会(すがおかい)の研修旅行で訪問した高知県梼原町にある図書館。
隈研吾の設計で、最近オープンしたらしいです。
外壁はALCで杉板を貼り付けることでデザインされています。
e0066586_12290750.jpg
e0066586_12291994.jpg
e0066586_12292625.jpg
内部は大空間で、ここにも地元の杉材がふんだんに使用されています。
e0066586_12302277.jpg
e0066586_12302984.jpg
e0066586_12303640.jpg

by th0031 | 2018-11-22 12:29 | 名建築 | Trackback | Comments(0)
香川にある奇跡の森
e0066586_12211194.jpg
香川県仲南町(現まんのう町)にある檜の人工林。
林業家 豊田均氏の所有する森を私は「奇跡の森」と呼んでいます。
豊田さんが殆ど一人で管理しているその森は、間伐、枝打ちが行き届き太陽光が地面まで降り注ぐ健康な美しい森なのです。
そこである企業の機関誌の取材がありました。
讃岐の舎づくり倶楽部の活動の紹介と言うことで、豊田さんと私で対応させていただいたのです・・・。

それにしてもここは何度来てもマイナスイオンが満ちあふれていて実に気持ちが良いのです。
e0066586_12211774.jpg
e0066586_12212477.jpg
e0066586_12213109.jpg

by th0031 | 2018-08-06 12:20 | 森里海から | Trackback | Comments(0)
刻み小屋の風景 2018年5月
e0066586_12310698.jpg
善通寺市にあるS寺。
今月25日の建て方に向けて菅組刻み小屋では急ピッチで作業が進みます。
各種彫り物も着々と出来上がってきています・・・。

写真は紅梁の彫り物。
e0066586_12311155.jpg
e0066586_12311590.jpg
e0066586_12312020.jpg
e0066586_12312562.jpg
e0066586_12312925.jpg
こちらは砥石場。
e0066586_12313494.jpg
色とりどりの砥石が並びます。
e0066586_12314012.jpg
e0066586_12314754.jpg
e0066586_12315411.jpg
e0066586_12315976.jpg
e0066586_12320647.jpg
刻み小屋全景。




by th0031 | 2018-05-14 12:37 | 大工 | Trackback | Comments(0)
旧仁尾中学校校舎
e0066586_18011818.jpg
仁尾中学校の校長先生に見せていただいた旧仁尾中学校校舎(木造)の建築記録に祖父 菅順一の名前が書かれてありました。
私も通った木造校舎です。懐かしい・・・
昭和24年に落成式を行ったと記されています。

設計者は「復興技術協会」とあります。
戦後まもなくの状況が垣間見えるようです。
by th0031 | 2018-04-30 12:00 | 大工 | Trackback | Comments(0)
T神社屋根改修工事
e0066586_16175537.jpg
観音寺市豊浜町にある神社の屋根改修工事中の光景です。
屋根の改修工事と言っても瓦を葺き替えるだけではなく、下地の痛んでいる木材(野地板や垂木など)を取り替える工事がかなりの量あるので宮大工達の出番となります。
e0066586_16180280.jpg
e0066586_16180888.jpg
残せる古い部材は残し、痛んでいる木材は新しいものに取り替えていきます。
新旧融合した材料が歴史を繋いでいきます・・・
e0066586_16181501.jpg
e0066586_16182281.jpg
e0066586_16182900.jpg
e0066586_16183575.jpg
若い宮大工の卵達の修行の場でもあります。
e0066586_16184268.jpg
墨の番付があちこちにはっきりと残っています。
e0066586_16184883.jpg
e0066586_16185446.jpg
矢切の裏板には棟札代わりに棟梁の文字が記されています。
e0066586_16190065.jpg
慶應四とあるので、1868年(慶應四年)と思われます。ちょうど150年前ということになります。歴史を感じますね。
e0066586_16190608.jpg
当時の和釘も残っていました・・・
by th0031 | 2018-04-10 12:16 | 大工 | Trackback | Comments(0)
木のオフィス
e0066586_12385668.jpg
高松市郷東町、菅組高松オフィスのすぐ近くで進む木造の事務所建築。
今話題のCLT(Cross Laminated Timber[クロス・ラミネイティド・ティンバー])を使った建物です。CLTには香川県産桧を使用したものもあります・・・。
e0066586_12390495.jpg
e0066586_12391162.jpg
工事現場の雰囲気も木に包まれるような空間で良い感じです。
e0066586_12391802.jpg
e0066586_12392521.jpg

by th0031 | 2018-02-27 12:37 | 建築現場 | Trackback | Comments(0)