讃岐にあったお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
祭りのあと
e0066586_14404884.jpg
祭りのあとの寂しさがいやでもやってくるのなら・・
吉田拓郎の歌にありましたが、長い3日間の祭りが終わってやっと日常空間にもどれたという感じです。祭りのあとは"寂しさ"よりも"安堵"がやってきます。わが街の秋祭りは町並みとともにあります。旧家がところどころに残る街の路地を「ちょうさ」が太鼓の音とともに練り歩く光景は古きよき町村の伝統的な光景なのでしょう。やっている本人はそんな風情に浸る時間はありませんが、こんな光景が貴重な光景になってしまっていることをここにいる何人の人たちが感じているのでしょうか?神社があり、町並みがあり、路地があり、ちょうさがあり、獅子があり、祭りがあり、人々の生活があるのです。
「村の鎮守の神様の、今日はめでたいお祭り日・・・」
 
これもまた失われ行く「日本の原風景」なのでしょうか・・
e0066586_14451713.jpge0066586_1447040.jpg
# by th0031 | 2005-10-09 14:25 | | Trackback | Comments(0)
明日からお祭りです
e0066586_1464583.jpg明日から秋祭り。今日はその最終準備です。何事も準備は大切ですが、我が町の秋祭りの準備はなかなか独特のものです。「ちょうさ」と呼ばれる太鼓台(みこしのようなもの)を組み立てるのです。明日はお花(寄付金)を一日集めて本祭りは明後日と明々後日・・・。結局3日間は非日常的異空間に置かれる事になるのです。「地域密着」と一言で言うのは簡単ですが仁尾町の地域密着はなかなか大変です。・・・が、こうした近所付き合いってちょっとめんどくさい部分はありますが、大切にすべきものがあります。そんなお祭りが3日間続きます。覚悟を決めていきまっしょい!
# by th0031 | 2005-10-06 22:18 | | Trackback | Comments(0)
地鎮祭
e0066586_18312962.jpg今日は我社[菅組]設計施工の住宅の地鎮祭が執り行なわれました。地鎮祭(起工式)は工事が始まる前に必ず行う儀式で、工事が勢いよくまた安全に進むよう祈願するものです。我々は何度も経験してますが、建て主さんにとってはおそらく一生に一度の記念すべき行事です。いつも建て主さんの新鮮な気持ちになって、われわれもやらなくては・・と思います。無事、すてきなお家ができますように・・
# by th0031 | 2005-10-05 18:39 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
稲穂とOMソーラー
e0066586_18515577.jpg秋ですね・・稲穂の奧に見える新築中の家は我が社(菅組)で施工中の「讃岐舎(さぬきのいえ)」OMソーラーを搭載した住宅です。いま、家づくりがずいぶんと変わろうとしています。それはこれまでの化学製品に覆われた不自然な家から自然な家への回帰と舵取り修正の過程です。私達も10年前と比べると家づくりに対する考え方がずいぶんと変わったように思います。どのような家づくりが本来あるべき自然な家づくりか・・それはビジネスだけでは語れない「住む」ということへの本質的な問いかけです・・ウ-ム・・
# by th0031 | 2005-10-04 19:00 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
マリアージュ
e0066586_17402673.jpgビストロマリアージュという「地中海料理」のお店が香川県観音寺市にあります。いつぞや「グラッパ」を紹介したお店ですが改めて・・・。まるで結婚式場のような名前の由来は聞いたことがありませんが、基本的にはイタリア料理系のレストラン。ワインのことはよくわかりませんが、私の好みの「渋くてドロッとした」ワインもおいてあるので、たまに食事に行きます。イタリア料理に詳しいわけではありませんが、私の勝手なイタメシ屋の判断基準は、前出の「グラッパ」と「ゴルゴンゾーラ(ブルーチーズ)」と「渋いワイン」と「ジェラート」と「エスプレッソ」と「ピザの生地」と「パスタの堅さ」と・・・ぐらいかな。そういう意味でこのお店は「エスプレッソ」を除いてはOKです!(マスタ-すいません)とはいえ、おいしい「エスプレッソ」を出すお店はほんとに少ないのです。東京でも・・しかり。お奨めのお店があれば誰か教えてください。
# by th0031 | 2005-10-03 17:58 | | Trackback | Comments(0)
ウッディフェスティバル2005
e0066586_7375433.jpg今日は高松で行われている「ウッディフェスティバル」を覗いてきました。木材協会や建築関係団体が主催しているもので、木工品の販売やもち投げなどのイベントが行われてました。香川県産材を使用した建具なども展示されてました。今、私自身も香川県産材の普及のための協議会に香川県の「みどりの整備課」の人たちと一緒に取り組んでいることもあり、身近な問題として感じます。「地産地消」いま大切にしたい価値観ですね・・来月には「讃岐舎倶楽部」で伐採ツア-も計画してます。木はやっぱり良いものです。
# by th0031 | 2005-10-02 20:53 | Trackback | Comments(0)
八朔人形(はっさくにんぎょう)まつり
e0066586_18562886.jpg
去る9月23日~24日、仁尾町で「八朔人形まつり」なるものが行われました。
「戦国時代、仁尾城は現在の八紘山(俗説・家の山)に仁保・吉津・比地中村の領主として細川土佐守頼弘公により築城されましたが、420年前・(1579年)天正7年3月3日に土佐の長曾我部元親の侵攻に遭い、落城しました。以来、城主の命日となった3月3日には雛祭りは行わず、八朔の日(旧暦8月1日)に男子の節句と合わせて女子の雛節句も祝うようになりました。」という言われのあるお祭りです。当日は十数カ所に設置された人形を仁尾町の街並みを歩きながら散策するというスローなお祭りです。こうした文化的な行事は大歓迎です。設営サイドは大変な苦労があると思いますが、これからも続けてもらいたいものです・・
# by th0031 | 2005-09-30 19:14 | | Trackback | Comments(0)