讃岐にあったお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
国産材、使って減らそうCO2
e0066586_18462975.jpg
1997年にCOP3で取り決めた「京都議定書」。昨年、発効になりました。日本は、6%(1990年比)のCO2排出量を減らす約束です。実はその6%のうち2/3にあたる3.9%は日本国内の森林で吸収する内訳になっているのです。知ってましたか?実は私も最近知ったのです。
そのためには国産材をどんどん使うことが重要なのです。木を伐って植林することで山は循環しCO2が固定化されていきます。国産材を使うことはこのような社会的な意義も大きいのです。

木づかい運動」を林野庁が推進しています。
「木づかい」は誰にでもできるエコ活動です・・。

今日、明日「国産材の木の家」構造見学会です。

にほんブログ村 住まいブログへ ← Let's try 「Click」,everyday.

讃岐舎(さぬきのいえ)+OMソーラー見学会のお知らせ
日時 : 1月21日(土)、22日(日)10:00~16:00
場所 : 愛媛県四国中央市妻鳥町(詳細はコチラ
設計 : (株)菅組+讃岐舎倶楽部
施工 : (株)菅組
# by th0031 | 2006-01-21 07:44 | 家づくり | Trackback | Comments(4)
春の七草
e0066586_7435751.jpg
御形(ごぎょう)・繁縷(はこべら)・仏の座(ほとけのざ)・菘(すずな)・蘿蔔(すずしろ)・芹(せり)・薺(なずな)・・・春の七草です。

明日から、構造見学会です。見に来てください・・。

にほんブログ村 住まいブログへ ← Let's try 「Click」,everyday.

讃岐舎(さぬきのいえ)+OMソーラー見学会のお知らせ
日時 : 1月21日(土)、22日(日)10:00~16:00
場所 : 愛媛県四国中央市妻鳥町(詳細はコチラ
設計 : (株)菅組+讃岐舎倶楽部
施工 : (株)菅組
# by th0031 | 2006-01-20 07:47 | ビオトープ | Trackback | Comments(0)
引田
e0066586_18313326.jpg
引田の街です。(香川県東かがわ市)ここには、あの「亀びし醤油さん」があります。「OMエコショップすが」と「亀びし醤油」のタイアップでイベント計画中です。

引田はあと一月もすると「ひな祭り」で街が一色になるようです。
e0066586_1834351.jpg

にほんブログ村 住まいブログへ ← Let's try 「Click」,everyday.
e0066586_18341115.jpg


讃岐舎(さぬきのいえ)+OMソーラー見学会のお知らせ
日時 : 1月21日(土)、22日(日)10:00~16:00
場所 : 愛媛県四国中央市妻鳥町(詳細はコチラ
設計 : (株)菅組+讃岐舎倶楽部
施工 : (株)菅組
# by th0031 | 2006-01-19 18:36 | | Trackback | Comments(2)
シュリンキング・ポリシー(縮合政策)
シュリンキング・ポリシー(縮合政策)は人工が減少傾向に移行するこれからの新しい「くにづくり」「まちづくり」の考え方です。「物質的豊かさ」から「本質的な、質の高い豊かさ」へ導いていく為の戦略です。ドイツ フランクフルトにはじまり日本では滋賀県や岐阜県がこの考え方を導入しつつあるようです。以下に少々その考え方の一部を抜粋します。

---以下抜粋---
人口が減った分、不必要に拡がってしまっているまちを整理整頓して無駄を省き、新しいまちを組立て直していくための政策です。例えば、既存の中心市街地の中にも自然を再生させ、自然と共存する美しいまちをつくり、生活の質を高め、郊外へと流出していた人々を市街地へ呼び戻すことで、道路や上下水道等の公共投資も効率があがります。

・時間にゆとりのあるまち
・空間にゆとりのあるまち
・お金のかからないまち

時間と空間にゆとりが生まれ、人々が今よりゆったりとのびのび暮らす社会では、モノやサービスの量を競うのではなく、生活の質を高めることが「豊かさ」の指標として重視されます。縮合政策の先にやってくる社会は、買いたいモノやサービスに対する過度な要求のない、お金のかからない安心できる社会です。

「・・近年、ドイツでは日本より一足早く、人口減少時代を迎えています。しかし、こうした状況を悲観することなく絶好のチャンスととらえ、シュリンキング・ポリシーに基づいた、ゆとりあるまちづくりが進められています。都市部では、住宅の修復改善や解体にともない、空いた空間を自然に戻し、自然と共存することで安全と美しさとゆとりを取り戻しています。その結果、まちは質の高い魅力的な空間へと生まれ変わりつつあります。私達の国も、私達世代だけの豊かさを求めるのではなく、子供たちや将来世代のことを考えたくにづくり、まちづくりをしていくことが求められます。・・物とお金が飛び交う国から、自然と共存した美しく心が輝く国に向けて、活動を進めていこうと思います。・・財団法人 日本生態系協会 会長 池谷奉文 新年挨拶より」

----エコシステム2006.1月号「自由主義から共存主義への幕開け~輝く縮合政策(シュリンキング・ポリシー)~より----

私達、建築に関わる会社も、そうしたまちづくりのなかでどのような役割を担えるかがこれからは重要になってくると思います。簡単なことではありませんが、もう準備は始まっています。

にほんブログ村 住まいブログへ ← Let's try 「Click」,everyday.

讃岐舎(さぬきのいえ)+OMソーラー見学会のお知らせ
日時 : 1月21日(土)、22日(日)10:00~16:00
場所 : 愛媛県四国中央市妻鳥町(詳細はコチラ
設計 : (株)菅組+讃岐舎倶楽部
施工 : (株)菅組
# by th0031 | 2006-01-18 08:36 | | Trackback | Comments(2)
FM香川で伐採ツアーの様子が放送されます
にほんブログ村 住まいブログへ ← Let's try 「Click」,everyday.
e0066586_7364589.jpg
1/15(日)に行った「大黒柱伐採ツアー」の様子が、明日FM香川で放送されます。良かったら聞いてみてください。

1月18日(水)『786 SUPER MEDIO』(8:40ごろ)です。

(写真は林業家の豊田さんにインタビューする千葉アナ)

讃岐舎(さぬきのいえ)+OMソーラー見学会のお知らせ
日時 : 1月21日(土)、22日(日)10:00~16:00
場所 : 愛媛県四国中央市妻鳥町(詳細はコチラ
設計 : (株)菅組+讃岐舎倶楽部
施工 : (株)菅組
# by th0031 | 2006-01-17 07:41 | 家づくり | Trackback | Comments(4)
大黒柱伐採ツアー「特別編」やりました。
にほんブログ村 住まいブログへ ← Let's try 「Click」,everyday.

e0066586_18505652.jpg
菅組・讃岐舎倶楽部の主催で仲南の山大黒柱伐採イベントをやりました。今回の伐採イベントは讃岐舎を計画中の2家族のご要望で急きょ特別に企画したもの。とはいえFM香川の取材も入り、総勢14名での開催とあいなりました。樹齢70年の檜を2家族の2本を含め計4本伐り倒しました。何度見ても「ど迫力」の感動もの。視線釘づけです・・。
e0066586_1903981.jpg
今回きった2本の檜は2件の「讃岐舎」の大黒柱に使われます。
e0066586_1923433.jpg
林業家豊田さんからおみやげに「スズメバチの巣」をいただきました。究極の「天然素材の家づくり」です。

伐採の詳しい様子は、近近「讃岐舎倶楽部」HPにアップします。

讃岐舎(さぬきのいえ)+OMソーラー見学会のお知らせ
日時 : 1月21日(土)、22日(日)10:00~16:00
場所 : 愛媛県四国中央市妻鳥町(詳細はコチラ
設計 : (株)菅組+讃岐舎倶楽部
施工 : (株)菅組
# by th0031 | 2006-01-16 07:45 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
技術者倫理
にほんブログ村 住まいブログへ ← Let's try 「Click」,everyday.

昨年からの「構造計算偽造問題」。さて一体誰が一番悪いのか・・と言う議論が巷で流れてるようですが、私なりの見解を少々・・。
以前に「技術者倫理」の講習を聞きました。ビオトープ管理士の講習の際に東京工業大学工学部土木学科の教授によるお話でした。工学部建築学科を卒業している私にとっても新鮮な内容でした。大学の講義ではで「技術者倫理」ということばを聞いた記憶がありません。(もっともあまり真面目に講義を受けてなかったのでもしかしたら私が受講していないだけかも知れませんが・・)要約すると「技術者倫理」とは以下のようになります。

・技術者は専門的立場で「自ら情報を収集・分析し、関連する事柄を熟慮した上で、自身が所属する組織や他者からの影響とは独立に、道徳的意志決定を行うこと」である。
・自立性(Autonomy)が倫理の特徴。


<自身が所属する組織や他者からの影響とは独立に>この部分が大切なところだと思います。今回の問題に関わる技術者達はほとんどがこの砦を守れなかったのではないでしょうか。もちろん周囲の様々な環境にも多いに問題があります。しかしこれに影響されずに自ら自分のプロフェッショナルとしての立場で判断し行動するのが技術者倫理なのです。今回の問題は「技術者倫理の欠如」が最大の問題点ではないかと・・そう思います。
私も一技術者として、「技術者倫理」改めて心に刻みたいと思います。そして「技術者倫理」に基づいた組織としての企業判断も・・。

讃岐舎(さぬきのいえ)+OMソーラー見学会のお知らせ
日時 : 1月21日(土)、22日(日)10:00~16:00
場所 : 愛媛県四国中央市妻鳥町(詳細はコチラ
設計 : (株)菅組+讃岐舎倶楽部
施工 : (株)菅組
# by th0031 | 2006-01-15 09:55 | Trackback | Comments(0)