讃岐にあったお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
<   2018年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
讃岐府中の鏝絵 その1
e0066586_12224465.jpg
坂出市府中あたりにある鏝絵。
黄金の花びら文様?・・・
e0066586_12225177.jpg
e0066586_12225565.jpg
e0066586_12230075.jpg

by th0031 | 2018-10-19 12:24 | 左官 | Trackback | Comments(0)
サント・スピリト教会
e0066586_12183424.jpg
フィレンツェにあるChiesa Di Santo Spirito(サント・スピリト教会)。
ルネサンス初期を代表する建築家フィリッポ・ブルネレスキの作品です。
世界で一番美しい教会とも評されているそうです。

写真は1983年春に訪れたときのもの・・・
e0066586_12184346.jpg

by th0031 | 2018-10-18 12:22 | 名建築 | Trackback | Comments(0)
中山の棚田
e0066586_12441286.jpg
小豆島 中山地区の棚田
湯船の湧き水あたりから見下ろすとこんな感じ・・・。
e0066586_12441728.jpg

by th0031 | 2018-10-16 12:41 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(0)
夫婦ハク@小豆島
e0066586_12342829.jpg
小豆島の湯船山の社叢の一角にある「夫婦(めおと)ハク」。
ハクといえば宝生院のシンパクが有名ですが、こちらのハクもなかなかのもの。
e0066586_12343361.jpg
苔むす樹皮は歴史を感じさせます・・・。
e0066586_12343827.jpg
e0066586_12344324.jpg
e0066586_12344726.jpg
もはや芸術ですね。美しい・・・
by th0031 | 2018-10-15 12:33 | 鎮守の森 | Trackback | Comments(0)
富丘八幡神社@小豆島
e0066586_12151339.jpg
矢田さんのお気に入り、小豆島の富岡八幡神社
土手にはツルボ(在来種)が咲き乱れています。
e0066586_12151908.jpg
ここは知る人ぞ知る穴場だそうです。
e0066586_12153574.jpg
振り返ると長い階段の先に海が拡がります。
小さな島は小豆(あずき)島。小豆島(しょうどしま)にある小豆島(あずきじま)です。
e0066586_12154190.jpg
e0066586_12154522.jpg
カワイイですね。
by th0031 | 2018-10-12 12:13 | 遠征 | Trackback | Comments(0)
樹齢千年のオリーブ
e0066586_12432939.jpg
小豆島に2011年にスペインからやってきたオリーブの木。
樹齢千年だそうな・・・
e0066586_12433547.jpg
よくぞ根が活着したものです。すごい生命力です・・・
e0066586_12434164.jpg
e0066586_12435311.jpg
(写真クリックで拡大します)
by th0031 | 2018-10-11 12:42 | 森里海から | Trackback | Comments(0)
湯船(ゆぶね)の水
e0066586_12381719.jpg
小豆島の湧き水「湯船の水」。
中山の千枚田への農業用水などとして利用されています。
e0066586_12382301.jpg
矢田さんにご案内いただいたのです・・・
e0066586_12382922.jpg
e0066586_12383583.jpg

by th0031 | 2018-10-10 12:22 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(0)
日本一のシンパク@小豆島
e0066586_12242916.jpg
小豆島 宝生院のシンパク。ようやく見ることができました。
特別天然記念物に指定されています。樹齢は1500年以上。
e0066586_12243761.jpg
(写真クリックで拡大します)
e0066586_12244466.jpg
手前の駐車場。シンパクの根に水が行き渡るように、一部を透水性の舗装にしているとのこと。素晴らしい・・・
e0066586_12245114.jpg
元気そうに見えますが、樹勢が衰えはじめているとのことで、人が地面を踏まないように見学者のデッキが作られています。
e0066586_12245881.jpg
縄文杉以来の感動でありました・・・。
e0066586_12250453.jpg
e0066586_12251140.jpg
e0066586_12251644.jpg
e0066586_12252381.jpg
真ん中どころが象の顔に見えます。おわかりでしょうか?
e0066586_12253331.jpg
こちらは昇り龍。
by th0031 | 2018-10-09 12:23 | 森里海から | Trackback | Comments(0)
海老済石砂のベーハ小屋 3
e0066586_12123789.jpg
観音寺市大野原町 海老済石砂(えびすくい いっさこ)の3つめのベーハ小屋。これはどうももともと越屋根がないタイプのように思われます。

剥き出しの土壁がとても良い感じ。
e0066586_12124334.jpg
e0066586_12124998.jpg
e0066586_12125436.jpg
手前にある立派なモッコクの木との相性もバッチリ。
e0066586_12125996.jpg
床面すれすれにある空気取り入れ口。
e0066586_12130459.jpg
土壁のテクスチュア。
by th0031 | 2018-10-05 12:17 | 讃岐のベーハ小屋 | Trackback | Comments(0)
沖之島@小豆島
e0066586_12243993.jpg
雑誌「せとうちスタイル」なるものの取材で訪れた小豆島。

そこから渡し船で渡る「沖之島」という人口66人(2018年6月現在)の限界集落があります。
小豆島の住民でもほとんど渡ったことがないというこの島は、あの「瀬戸の花嫁」(小柳ルミ子 1972年)の舞台になった島だそうです・・・。

(上の写真は山本編集長と今回の案内人の一人、西崎さん。)
e0066586_12244736.jpg
この写真は西崎さんの息子さんが沖の島からお嫁さんをもらったときのもの。
まさに「瀬戸の花嫁」。
e0066586_12245351.jpg
e0066586_12245935.jpg
この渡し船でほんの3分ぐらいで沖の島に着きます。
e0066586_12250505.jpg
e0066586_12251349.jpg
いきなり迎えてくれたのは、もう一人の案内人 矢田さんが惚れ込んでいる沼?。天然のものだろうか?コンクリート護岸は殆ど無く、自然度の高そうな湿地です。生物調査をしてみたい衝動に駆られます。稀少生物が生息してそうです・・・。
e0066586_12252045.jpg
この水門(?)が只ならぬ雰囲気を醸し出しています。おそらく満潮時には海水が流れ込んでくると思われます。ということは、ここは汽水湖?
e0066586_12252764.jpg
e0066586_12253416.jpg
このあたり湧き水が流れ込んでいます。
e0066586_12254276.jpg
漁港もいくつか・・・。良い島でありました。
e0066586_12254883.jpg

by th0031 | 2018-10-02 12:39 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(0)