讃岐にあったお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
カテゴリ:人( 85 )
藤森照信
e0066586_18410578.jpg
この人のお話を聞く機会がありました。
面白すぎてどうしましょといった感じでとっても楽しいお話しでありました。
建築というものは本当に面白いですね・・・
e0066586_18411118.jpg
藤森さんが最も影響を受けたというポルトガルの石の家。
しびれますね・・・
e0066586_18411831.jpg
アフリカ ジェンネの泥のモスク
e0066586_18412476.jpg
藤森作品いくつか・・・
e0066586_18413041.jpg
e0066586_18413623.jpg
e0066586_18414268.jpg
e0066586_18414863.jpg
e0066586_18415724.jpg
藤森さんの現物作品は浜松の美術館ぐらいしか見たことがありませんが、あらためて見て回りたくなりました。
by th0031 | 2018-09-05 18:46 | | Trackback | Comments(2)
陣内秀信
e0066586_12462621.jpg
この人の講演を聞く機会がありました。
建築史家でイタリアの街の研究家でもあります。
今回のテーマは「香川の建築の魅力について」、特に大江宏氏の作品を中心にしたお話しでした。
e0066586_12463585.jpg
e0066586_12464234.jpg
とても興味深いお話しでした・・・。
by th0031 | 2018-07-26 12:45 | | Trackback | Comments(0)
カモメになりたかった女の子 坪内知佳
e0066586_16571656.jpg
菅組全社会にこの人を呼んで講演会を開催しました。
山口県萩大島の漁協にイノベーションを起こした若き女性のお話でした。

とてもエネルギッシュで刺激的なお話しでありました。
e0066586_16572199.jpg
e0066586_16572695.jpg
e0066586_16573082.jpg

by th0031 | 2018-04-29 12:56 | | Trackback | Comments(2)
山際淳司
e0066586_17001982.jpg
山際淳司というノンフィクション作家がいた。
46才の若さでこの世を去った。かつてはスポーツキャスターをやったり、プロ野球の評論も独特の深読みするシブイ切り口で好きだった。
江夏の「私の履歴書」を読んでいてふと思い出して、改めて買ってみた。

「江夏の21球」。

彼が生きていたら日本の今のプロ野球はもう少し面白かったかも知れない・・・・
e0066586_17002693.jpg
e0066586_17003306.jpg

by th0031 | 2018-04-12 12:59 | | Trackback | Comments(2)
西沢立衛
e0066586_12182291.jpg
少し前ですが、この人の講演を聞く機会がありました。
建築家としての素晴らしい才能を感じる写真と話でしたが、「環境と建築」というテーマは今回の話とはちょっとピンときませんでした。
金沢の美術館は見学したことがありますが、豊島の美術館をまだ見ていないので近々見学したいと思います・・・。
e0066586_12184096.jpg
e0066586_12185844.jpg
e0066586_12191432.jpg
e0066586_12192972.jpg

by th0031 | 2018-03-27 12:23 | | Trackback | Comments(0)
江夏豊
e0066586_18084073.jpg
昨年暮れから連載されている日経新聞の「私の履歴書」。
そこには往年の名投手「江夏豊」の名前が・・・

かつて熱狂的なタイガースファンだった私ですが(今はなぜかプロ野球に興味が失せてしまったのです)、小学生の私をタイガースにひき込んだ張本人は紛れもなくこの男でした。
今や伝説となったオールスターでの連続9三振。
中日戦での延長11回をノーヒットノーランで投げ抜き、11回裏に自分でサヨナラホームランを打って試合を成立させてみせるとか。
ちょっとあり得ないようなことをやってのける投手でした。年間401奪三振も今でも破られていない世界記録。おそらく今後も永久に破られることはないと思われます・・・

タイガースを離れ、南海ホークス・広島カープ・日本ハムと渡り歩き、任意引退後メジャーリーグに挑戦します。そんな生き方も実にかっこよかった。

あの山際 淳司の書いた「江夏の21球」もまさに伝説。

こんなピッチャーはもう二度と現れない・・・
by th0031 | 2018-01-02 12:00 | | Trackback | Comments(0)
腰原 幹雄
e0066586_12134161.jpg
仁尾の古民家松賀屋で建築士会西讃支部青年部主催の講演会が開催されました。

講師はなんと東大の腰原幹雄教授
風情のある空間で、「木造建築の可能性」についてのお話しでありました。構造系の難しいお話しかと思いきや、木造建築に関してのとてもわかりやすいお話しだったのです・・・。

その後この場所にて懇親会でも盛り上がったのでした。
e0066586_12134900.jpg
e0066586_12141292.jpg
e0066586_12141870.jpg
大規模な建築から・・・
e0066586_12142523.jpg
e0066586_12143412.jpg
ごく小規模な小屋まで・・・
まさに木造の可能性を感じるひとときでありました。
e0066586_12144254.jpg

by th0031 | 2017-11-02 12:20 | | Trackback | Comments(0)
池原義郎
e0066586_12574255.jpg
(写真は所沢聖地霊園。出典:Wikipedia)

建築家の池原義郎氏が亡くなった。89歳だという。今回初めて知ったが誕生日は私と同じ3月25日だそうな・・・。

私の中では村野藤吾の作風を継ぐ数少ない建築家として位置づけられており、好きな建築家の一人だった。
1980年代の後半、たしか所沢の早稲田大学校舎を見学に行ったときのこと。
外壁に吹き付けてある、何でもない一般的な吹付タイルのその色合とヘッドカットの作り出す微妙な陰影が深い表情を作り出しているのに驚いた記憶がある。特に外壁テクスチュアへのこだわりとその表現力は村野藤吾に匹敵すると感じた・・・。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

過去のブログ記事
日本学園体育館
酒田市美術館
by th0031 | 2017-05-31 13:11 | | Trackback | Comments(0)
堀部安嗣展 建築の居場所
e0066586_7233559.jpg
TOTOギャラリー・間で開催されている 建築家・堀部安嗣氏の個展「堀部安嗣展 建築の居場所」を見る機会がありました。

名文ですね・・・
e0066586_7234088.jpg
客船の客室の鍵。
e0066586_7234510.jpg
壁のテクスチュア。
e0066586_1274339.jpg

by th0031 | 2017-03-18 12:06 | | Trackback | Comments(0)
岡本おさみ
e0066586_7181597.jpg
作詞家の岡本おさみ氏が亡くなったのを今朝の新聞で知りました。拓郎の唄をはじめ1970年代の名曲を数多く残した人でした。
昔、彼の本を読んだなあと思って本棚を探してみるとありました「旅に唄あり」。見ると昭和52年(1977年)9月の発行です。当時出版と同時に買った記憶があるので高校2年の時でした。本を読むのが大嫌いで、作文が大の苦手だった私を読書の世界に誘ってくれた本の一つでもありました・・・。

謹んでご冥福をお祈りいたします。
e0066586_7182372.jpg
e0066586_7183540.jpg

by th0031 | 2015-12-18 07:30 | | Trackback | Comments(0)