讃岐にあったお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
タグ:森里海 ( 298 ) タグの人気記事
石積みの用水路
e0066586_15554668.jpg
東讃街角遺産として「建築士会さぬき瓦版」で紹介されていた引田にある石積みの用水路。近くまで来る用事があったのでちょっと足を伸ばしてみたのです。

ナカナカ良い感じ・・・。
e0066586_15555789.jpg
e0066586_15560684.jpg
e0066586_15561761.jpg
google map:34.23437, 134.39754
by th0031 | 2018-01-18 12:35 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(0)
豊稔池堰堤
e0066586_15344947.jpg
Casa BRUTUS(カーサ・ブルータス)の昨年11月号で建築家の杉本博司が「和風モダーン十選」として取り上げた建築物(構築物)の中に桂離宮やホテルオークラ、日生劇場と並んでなんと豊稔池ダムが取り上げられていました。

モダニズムの移入に対して近代日本が挑んだ結果として高く評価されています。
e0066586_15345709.jpg
e0066586_15350522.jpg

by th0031 | 2018-01-17 12:33 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(0)
洞下のベーハ小屋 2
e0066586_15291800.jpg
洞下集落のとあるお宅で見せてもらったベーハ小屋。
大きなスカートタイプで迫力がありました。
奥には屋敷林が拡がります。
e0066586_15292724.jpg
e0066586_15293577.jpg

by th0031 | 2018-01-16 12:28 | 讃岐のベーハ小屋 | Trackback | Comments(0)
洞下のベーハ小屋 1
e0066586_15225235.jpg
茨城県の洞下集落散策中に見つけたベーハ小屋。
隣接して2棟ありました。

茨城らしく外部真壁の意匠です。
e0066586_15225953.jpg
e0066586_15230743.jpg
髙基礎はコンクリートブロック(石?)でできています。
空気取入口も基礎に取り付いています。
by th0031 | 2018-01-15 12:22 | 讃岐のベーハ小屋 | Trackback | Comments(0)
洞下(ほらげ)
e0066586_15062478.jpg
e0066586_15063335.jpg
e0066586_14432932.jpg
茨城県にある洞下集落を訪れました。
ここは屋敷林としての防風林が連続する街並み。
南北の通りに風格ある家構えの屋敷が軒を並べます。一方で各屋敷の東西には、やはり南北方向に屋敷林が連続します。

今でも各家が自身の屋敷林を守り、伝統的景観が維持されています。

屋敷林に関してはコチラに詳しい。
e0066586_14433843.jpg
e0066586_14434603.jpg
e0066586_14435382.jpg
集落の東側より集落の屋敷林を見た様子です。
e0066586_14440007.jpg
集落の反対側の風景。
e0066586_14440827.jpg
あるお宅の庭先から屋敷林を覗かせてもらいました。
e0066586_14441734.jpg
e0066586_14442445.jpg
e0066586_14443131.jpg
e0066586_14443945.jpg
e0066586_14445426.jpg
屋敷林の内部の様子。一つの小宇宙がここにはあります・・・。
e0066586_14450284.jpg

by th0031 | 2018-01-14 12:26 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(0)
石蔵集落@大谷石
e0066586_16474133.jpg
大谷石資料館を見た後、大谷石を使った石蔵の集落があるというのでレンタカーを走らせ行ってみたのです。
西根地区の徳次郎(とくじら)町と言う集落にそれらはありました。
車を走らせながらでも相当数見つけることができたので、かなりの数の石蔵がこの集落には残っていると思われます。
e0066586_16475436.jpg
e0066586_16480554.jpg
e0066586_16481590.jpg
e0066586_16482466.jpg
e0066586_16483300.jpg
e0066586_16484312.jpg
e0066586_16485169.jpg
e0066586_16485979.jpg
e0066586_16490945.jpg
この石蔵はちょっと石の表情が違うのがおわかりでしょうか。この石は徳次郎石と呼ばれるものだそうです。
e0066586_16491751.jpg
e0066586_16492703.jpg
屋根まで徹底して石葺きです。(徳次郎石)
e0066586_16493553.jpg
e0066586_16494316.jpg
e0066586_16495467.jpg
e0066586_16500341.jpg
e0066586_16501225.jpg
e0066586_16502040.jpg
e0066586_16502988.jpg
e0066586_16503701.jpg
e0066586_16504793.jpg
時間の関係で早足での見学となりましたが、もう一度じっくりと歩いてみたい集落ですね・・・。
by th0031 | 2018-01-08 12:10 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(0)
大谷資料館
e0066586_16294603.jpg
昨年の11月のこと、大谷資料館なるものをはじめて訪れました。
ここは大谷石の地下採掘場跡をそのまま利用した資料館。
圧倒的なスケール感で、素晴らしい空間体験ができました。
e0066586_16300119.jpg
e0066586_16301256.jpg
e0066586_16302275.jpg
e0066586_16303370.jpg
e0066586_16304475.jpg
e0066586_16305653.jpg
トイレも大谷石の空間。
e0066586_16310521.jpg
こちらは大谷石の岩盤が作る奇岩群。
e0066586_16311605.jpg
美しい渓谷の風景をつくっています。
e0066586_16312604.jpg
e0066586_16313681.jpg
e0066586_16314550.jpg


by th0031 | 2018-01-07 12:15 | 遠征 | Trackback | Comments(0)
百島(ももしま)
e0066586_12233462.jpg
雑誌「瀬戸内スタイル」の取材で、瀬戸内海 尾道の沖に浮かぶ「百島(ももしま)」へ行ってきました。
e0066586_12235141.jpg
島へ渡るフェリーでは、あの「ガンツウ」に出会えました。そう、堀部安嗣さんのデザインによる豪華客船ですね・・・
e0066586_12240098.jpg
しまではこんな町が迎えてくれました。
e0066586_12240974.jpg
島に流れる独特の静かなとき「島時間」を満喫しながら集落を巡ります。
この街は、殆ど紹介されていない無名の街。
だからこその発見もまた楽しいのです。
e0066586_12241881.jpg
e0066586_12243012.jpg
e0066586_12244149.jpg
e0066586_12245128.jpg
今では珍しい鎌軒瓦。
e0066586_12245934.jpg
帆立瓦。金毘羅さんへ向かう街道沿いに多く見られます。
e0066586_12251116.jpg
鏝絵ですね。
e0066586_12253538.jpg
舟板を使用した外壁。島ではだいたいこの舟板に出会えます。良い感じです。
e0066586_12254618.jpg
e0066586_12255575.jpg
茅葺き屋根に瓦の棟仕舞。この手の民家が3~4軒見受けられました。
e0066586_12260615.jpg
バラック小屋いくつか・・・
e0066586_12261411.jpg
e0066586_12262357.jpg
e0066586_12263000.jpg
e0066586_12264103.jpg
昔の豚舎。
e0066586_12265119.jpg
本村集落を見下ろす。
e0066586_12270002.jpg
e0066586_12270875.jpg
e0066586_12271711.jpg
e0066586_12274189.jpg

by th0031 | 2018-01-04 12:22 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(2)
カッチョ
e0066586_12001109.jpg
チルチンびとに連載されている畑亮氏の日本列島集落の旅。
ここで紹介されていた青森県の津軽半島にある十三湖。
ここでは「かっちょ」と呼ばれる防風、防雪のための木柵が街並みを形成しています。
e0066586_12002401.jpg
e0066586_12003488.jpg
e0066586_12004610.jpg
e0066586_12005543.jpg
e0066586_12010364.jpg
e0066586_12011486.jpg
e0066586_12012454.jpg
その地域、風土に根ざした建築や構築物。美しいですね・・・
津軽 かっちょ(防雪柵)のある風景
by th0031 | 2018-01-03 11:59 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(0)
竜飛崎(たっぴざき)
2018年(平成30年)明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


最近、ブログの更新間隔が長くなってしまっております。ネタがたまるばかりで、ナカナカ記事のアップが追いついておりません。少し以前の記事になってしまうことが多くなりがちですが、何卒ご容赦ください。年始めの最初の記事も、新鮮ではありませんが昨年11月に訪れた竜飛崎の様子を・・・
e0066586_17361858.jpg
青森県津軽半島先端にある龍飛埼灯台。北の最果てという感じです・・・。
e0066586_17363052.jpg
e0066586_17364093.jpg
2015年に亡くなった岡本おさみの作詞で吉田拓郎の唄った「竜飛崎」。
その唄にはこんな歌詞があります・・・。

・・・凍え死ぬこともないな僕の旅
       龍飛埼よ、どてっ腹をぶち抜かれちゃったね・・・


どてっぱらをぶち抜かれた様子がこれだったんですね。
e0066586_17364971.jpg

by th0031 | 2018-01-01 18:00 | 遠征 | Trackback | Comments(0)