讃岐にあった伝説のお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
草屋根
e0066586_1940543.jpg
今年(2005年)の夏(7月頃)、我が家の屋根を「草屋根」にしました。我が家は木造住宅です。もともと陸(ろく)屋根に近い緩勾配の銅板葺きの屋根を防水して「軽量土壌(CCソイル)」を10cm置き、「野芝」を敷き詰めました。夏場のムッとする暑さから免れるには最適の方法ですね。おかげで今年の夏はエアコンを入れることもめっきり少なくてすみました。「屋上緑化」という言い方がありますがあまり好きではありません。単に屋根を緑化するということではなく「ビオトープ」の範疇で「草屋根」を捉えることが大切だと思います。まだ今は一面芝ですが、野草が生い茂る野山のような「草屋根」に育てていこうと考えています。乞うご期待・・
# by th0031 | 2005-09-16 22:05 | 草屋根 | Trackback | Comments(2)
エコショップ 夏のビオトープ
e0066586_7341938.jpg
昨年5月に作ったビオトープ、今年8月の様子です。野草が生い茂り良い感じになってます。トンボや小鳥たちがたくさん集まってきます。池の中にはメダカ・ニッポンバラタナゴ・ヤリタナゴ・カネヒラ・モツゴ・マツカサガイ・ヌマエビ・ヨシノボリなどなど・・。少なくなった「日本の原風景」を再現させる試みです。エコショップではビオトープづくりのお手伝いをしています。お問い合わせください・・
# by th0031 | 2005-09-16 07:41 | ビオトープ | Trackback | Comments(1)
木の家とハンモックとなおちゃん
e0066586_7482845.jpg生活を演出する道具にはいろいろありますが、お奨めの一つがこのハンモックチェア-です。アルミフレ-ムで腰掛け型につくられてますので、いつでも気軽に座って読書なんかができます。吊したままで充分お部屋のインテリアとしてもオシャレです。スローな暮らしのお供にいかがですか?エコショップで取り扱いしてます。お問い合わせください。
# by th0031 | 2005-09-15 08:00 | 暮らしの道具 | Trackback | Comments(0)
菜の花
e0066586_716454.jpgもうひとつ、ビオトープ周辺に「菜の花」の種を蒔きました。「菜の花」という言い方は総称で正式には「アブラナ」という在来種植物ですが、最近春になると見かける「菜の花」はほとんどが「セイヨウアブラナ」か「カラシナ」という外来種のようです。ビオトープの思想から、ここでは昔からの「菜の花」を探してみました。浜松の「芽ぶき屋」さんで手に入れました。ソーラー畑の周辺にパラパラとちりばめましたので、春には菜の花畑に浮かぶ温室がお目にかかれると思います・・
# by th0031 | 2005-09-11 22:30 | ビオトープ | Trackback | Comments(0)
カタクリ
e0066586_7165252.jpgエコショップのビオトープ周辺に「カタクリ」の球根を植えました。「カタクリ」は日本の雑木林の代表的な植物で、早春に紫色の花をつけます。栽培は難しいと言われてますが里山の風景をビオトープ周辺に演出したいと思っています。昨年も挑戦しましたが残念ながら失敗に終わりました。再チャレンジです・・・。
# by th0031 | 2005-09-11 22:21 | ビオトープ | Trackback(1) | Comments(0)
近くの山の木で家をつくる
e0066586_7224119.jpge0066586_7232188.jpg
「近くの山の木で家をつくる運動」を推進する「緑の列島ネットワーク」の総会に出席してきました。名古屋に本部を移してから2度目の総会です。総会後には「愛・地球博」で話題になった「サツキとメイの家」を作った大工さんの講演がありました。この家は昭和初期を想定したつくりになっていて一昔前の日本の伝統的家屋の良さが随所にちりばめられています。大工さんは親方の中村さんが39才、棟梁の増田さんが34才、全国から集まった大工さん仲間も同世代ということでした。若い大工さんたちの手による「伝統工法」・・。木造住宅の将来に明るい話題です。
# by th0031 | 2005-09-10 22:45 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
OMエコショップすが
「OMエコショップすが」の紹介を少々・・。香川県にあるスローライフのお手伝いをするお店です、といってもどんなお店かよくわかりませんね。そもそも建築屋さんが始めた自然素材を取り扱うお店ですが、建築や住宅というジャンルにとらわれずに「暮らし」を切り口にした情報発信をしていこうというショップです。「木のテーブル」や「地元作家の作品」などの販売もやっています。ちょっとめずらしいこだわりグッズを中心にネット販売で全国配送もやってます。讃岐舎オリジナルの「木のテーブル」はその自然な質感とフリーサイズでおおきなテーブルが作れるということで人気商品です。首都圏を中心に全国から注文が来ます。(*「讃岐舎」についてはまた後日説明します・・)
一度ホームページを訪問してみてください。
OMエコショップすが
あっ、そうそう最近FM香川で「気分はアンダンテ」という番組を作ってまして月に一度放送されてます。次回はあさって9月11日(日)20:00~20:30放送です。和紙作家の森田真由美さんが登場します。聞いてみてください・・明日は名古屋へ「緑の列島ネットワーク」の総会に出席してきます。ではまた・・
# by th0031 | 2005-09-09 20:24 | エコショップなるもの | Trackback | Comments(0)