讃岐にあった伝説のお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
彼岸花(ヒガンバナ)
e0066586_12554577.jpg
秋のお彼岸になると決まって突如現れる真っ赤な「ヒガンバナ」。エコショップのビオトープにも咲き始めました。ヒガンバナはこの時期、花だけがいきなり出てくるので「突如」的な感じがするのですね。ヒガンバナは花が終わると春には緑の葉を出しますが夏になるとこの葉も消えてしまいます。この短い期間に「光合成」で根っこにしっかり養分を蓄えてお彼岸の時期に一気に花をつけるのです。日本の秋の原風景といっていい代表的な秋の花ですね。もともとは中国から入ってきたものらしいですが、弥生時代のことらしいので「在来種」といって差し支えないでしょう・・子供のころヒガンバナで首飾を作って遊んだ経験ありますよね。
# by th0031 | 2005-09-25 22:47 | ビオトープ | Trackback | Comments(2)
いいですね!メダカ池
ぼくのビオトープもどき
いきなりですが、良いですねお庭にビオトープ。大丈夫です。メダカは丈夫ですから冬でもOKですよ。外敵(カラスとか)に要注意かな・・ビオトープネットワーク拡げましょう!
一応、ビオトープ管理士です・・http://sugakun.exblog.jp/983534
# by th0031 | 2005-09-25 21:27 | ビオトープ | Trackback | Comments(1)
京都で勉強会
e0066586_730534.jpg
「森里海連環学」ってご存知ですか?「森」と「里」(人の住む地域)と「海」・・この三つは密接に関連しあって循環しています。それらの相互関係を総体的に学問しようという新分野です。京都で建築関係者が集まって勉強会が開かれました。建築とどういう関係があるのってかんじですが、これからは「家づくり」もこうした大きな流れの中で考えていかないといけません。家づくりはどうあるべきかという本質的なことが見えてくるように思います。現状の社会システムの中ではピンと来ない人が多いのかもしれませんが、時代は確実にこうした流れに向かっています。とってもいいことだと思います。われわれの仕事も少しづつではありますが変わってきています。ものづくりの本質、はずしてはいけないこと、「幹」の部分が徐々に明らかになってきているのを感じます。この流れを加速させること・・これもわれわれの大切な仕事だと思います。
 
# by th0031 | 2005-09-24 23:28 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
旅のお供・・
e0066586_7285154.jpg
新幹線の移動中は私にとって絶好の読書タイムです。なぜか集中して読めるのです。今日のお供はシューマッハの「スモール・イズ・ビューティフル」・・結構高尚なヤツを読んでるんですよ!

スモールイズビューティフル
# by th0031 | 2005-09-24 23:04 | | Trackback | Comments(0)
駅弁
e0066586_731040.jpg
最近の駅弁はなかなか良いですよね。結構おいしいものがたくさんあります。新幹線での移動の楽しみの一つです。今日は、「さば寿司」・・なかなか美味でした。
# by th0031 | 2005-09-23 22:51 | | Trackback | Comments(0)
グラッパ
e0066586_7413029.jpgグラッパって知ってます?イタリアの食後酒でブランデ-なのです。普通のブランデ-と違って無色透明。ストレ-トでチビチビ飲むのが良いのです。飲み屋さんとかにもなかなか置いてあるところは少なくて、私の知る限り観音寺市ではここ「マリア-ジュ」だけ!実は私が御願いして入れてもらったのです・・結構飲み口がよいので飲んでしまいますが、ちょっと飲み過ぎに注意です。食の王国イタリア万歳!
# by th0031 | 2005-09-20 07:50 | | Trackback | Comments(2)
お菓子屋さんにビオトープ
e0066586_19422427.jpg
新築中のお菓子屋さんの庭にビオトープを作りました。スコップを持っているのは私です。こんな事もやるのです。1坪程度の小さなものですが、少しづつビオトープネットワークが拡がっています。はやくもトンボが産卵を狙ってやってきてました。今回は建築屋さんの本業の一環としてビジネスでの初仕事です。(メデタシ、メデタシ・・)一週間ほどおいて待望のお魚さんを放流します。この一瞬がたまりません。ビオトープ万歳!
# by th0031 | 2005-09-17 19:48 | ビオトープ | Trackback | Comments(0)