讃岐にあった伝説のお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
駅弁
e0066586_731040.jpg
最近の駅弁はなかなか良いですよね。結構おいしいものがたくさんあります。新幹線での移動の楽しみの一つです。今日は、「さば寿司」・・なかなか美味でした。
# by th0031 | 2005-09-23 22:51 | | Trackback | Comments(0)
グラッパ
e0066586_7413029.jpgグラッパって知ってます?イタリアの食後酒でブランデ-なのです。普通のブランデ-と違って無色透明。ストレ-トでチビチビ飲むのが良いのです。飲み屋さんとかにもなかなか置いてあるところは少なくて、私の知る限り観音寺市ではここ「マリア-ジュ」だけ!実は私が御願いして入れてもらったのです・・結構飲み口がよいので飲んでしまいますが、ちょっと飲み過ぎに注意です。食の王国イタリア万歳!
# by th0031 | 2005-09-20 07:50 | | Trackback | Comments(2)
お菓子屋さんにビオトープ
e0066586_19422427.jpg
新築中のお菓子屋さんの庭にビオトープを作りました。スコップを持っているのは私です。こんな事もやるのです。1坪程度の小さなものですが、少しづつビオトープネットワークが拡がっています。はやくもトンボが産卵を狙ってやってきてました。今回は建築屋さんの本業の一環としてビジネスでの初仕事です。(メデタシ、メデタシ・・)一週間ほどおいて待望のお魚さんを放流します。この一瞬がたまりません。ビオトープ万歳!
# by th0031 | 2005-09-17 19:48 | ビオトープ | Trackback | Comments(0)
草屋根
e0066586_1940543.jpg
今年(2005年)の夏(7月頃)、我が家の屋根を「草屋根」にしました。我が家は木造住宅です。もともと陸(ろく)屋根に近い緩勾配の銅板葺きの屋根を防水して「軽量土壌(CCソイル)」を10cm置き、「野芝」を敷き詰めました。夏場のムッとする暑さから免れるには最適の方法ですね。おかげで今年の夏はエアコンを入れることもめっきり少なくてすみました。「屋上緑化」という言い方がありますがあまり好きではありません。単に屋根を緑化するということではなく「ビオトープ」の範疇で「草屋根」を捉えることが大切だと思います。まだ今は一面芝ですが、野草が生い茂る野山のような「草屋根」に育てていこうと考えています。乞うご期待・・
# by th0031 | 2005-09-16 22:05 | 草屋根 | Trackback | Comments(2)
エコショップ 夏のビオトープ
e0066586_7341938.jpg
昨年5月に作ったビオトープ、今年8月の様子です。野草が生い茂り良い感じになってます。トンボや小鳥たちがたくさん集まってきます。池の中にはメダカ・ニッポンバラタナゴ・ヤリタナゴ・カネヒラ・モツゴ・マツカサガイ・ヌマエビ・ヨシノボリなどなど・・。少なくなった「日本の原風景」を再現させる試みです。エコショップではビオトープづくりのお手伝いをしています。お問い合わせください・・
# by th0031 | 2005-09-16 07:41 | ビオトープ | Trackback | Comments(1)
木の家とハンモックとなおちゃん
e0066586_7482845.jpg生活を演出する道具にはいろいろありますが、お奨めの一つがこのハンモックチェア-です。アルミフレ-ムで腰掛け型につくられてますので、いつでも気軽に座って読書なんかができます。吊したままで充分お部屋のインテリアとしてもオシャレです。スローな暮らしのお供にいかがですか?エコショップで取り扱いしてます。お問い合わせください。
# by th0031 | 2005-09-15 08:00 | 暮らしの道具 | Trackback | Comments(0)
菜の花
e0066586_716454.jpgもうひとつ、ビオトープ周辺に「菜の花」の種を蒔きました。「菜の花」という言い方は総称で正式には「アブラナ」という在来種植物ですが、最近春になると見かける「菜の花」はほとんどが「セイヨウアブラナ」か「カラシナ」という外来種のようです。ビオトープの思想から、ここでは昔からの「菜の花」を探してみました。浜松の「芽ぶき屋」さんで手に入れました。ソーラー畑の周辺にパラパラとちりばめましたので、春には菜の花畑に浮かぶ温室がお目にかかれると思います・・
# by th0031 | 2005-09-11 22:30 | ビオトープ | Trackback | Comments(0)