讃岐にあった伝説のお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
<   2017年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
本場のパンナコッタ
e0066586_985360.jpg
イタリアでもすべてのレストランにパンナコッタがあるわけではなさそうです・・・。Firenzeで通りがかりのピッツェリア(Pizzeria)にて。
e0066586_99311.jpg
e0066586_991212.jpg

by th0031 | 2017-07-29 09:12 | | Trackback | Comments(0)
藤菜美のわらび餅
e0066586_12375860.jpg
京都のお土産で買ってきたわらび餅。「京だんご 藤菜美(ふじなみ)」さんのきなこわらびもち。
良い感じ・・・
e0066586_1238416.jpg
e0066586_12381162.jpg

by th0031 | 2017-07-28 12:44 | | Trackback | Comments(0)
三本木鎮守@さぬき市
e0066586_16474958.jpg
建物お引渡し時に行っている「三本木鎮守」。シイ・タブ・カシの3種類の木3本をお庭の片隅に植樹します。

潜在自然植生の主役の3種の木がこの家を守ってくれるように、願いを込めて・・・
e0066586_1647599.jpg

by th0031 | 2017-07-27 16:52 | 鎮守の森 | Trackback | Comments(0)
カンパニリズモ Campanilismo
e0066586_16373775.jpg
イタリアを象徴する重要なキーワードの一つが「カンパニリズモ」だと思います。その意味は「お国自慢。地元びいき。また、地元スポーツ-チームへの熱狂的応援。(大辞林 第三版より)」。

その語源は「Campanileカンパニーレ(鐘楼)」からきているらしい。
「コムーネ comune」と呼ばれる各々の街のCampanileはそれぞれが異なる音色を持ちます。自分たちの生まれ育った街の鐘の音を毎日聞くことで、イタリア人の郷土愛の精神が育くまれたとも考えられます。そんなことから生まれた言葉が「カンパニリズモ Campanilismo」。

その精神が星の数ほどあるイタリアの小さな美しい町をささえているのだと思います。

グローバリゼーションからローカリズムへ価値観を転換すべき今の日本。カンパニリズモは今、日本にこそ必要な哲学だと思うのです・・・。

(写真はアッシジ)
by th0031 | 2017-07-24 16:52 | | Trackback | Comments(0)
UR都市機構壬生坊城アパート
e0066586_12132276.jpg
1964年竣工のこのアパート。村野藤吾の設計によるものです。
ほとんど知られていないマイナーな村野作品。一見するだけで村野さんの建築とはなかなか気づかないですね・・・。

よく見ると窓のデザインやディテールに村野さんらしさが垣間見えます。
e0066586_12133233.jpg
e0066586_12134023.jpg
e0066586_12134987.jpg
e0066586_1213581.jpg

by th0031 | 2017-07-24 12:19 | 名建築 | Trackback | Comments(0)
合田邸@多度津
e0066586_11195875.jpg
少し前のことですが、多度津にある「合田邸」という旧家が開放されていたので見学してきました。大勢の見学客が押し寄せておりました・・・。
e0066586_1120529.jpg
中庭の洋館と離れ。
e0066586_11201344.jpg
e0066586_1120191.jpg
e0066586_11202622.jpg
良い感じです。
e0066586_11203486.jpg
「合田邸ファンクラブ」なる団体が保存活動に動いているようですが、頑張って欲しいですね。
合田邸見取図(見どころマップ)
by th0031 | 2017-07-21 11:29 | | Trackback | Comments(0)
高島屋 岡山
e0066586_12415715.jpg
岡山駅前にある高島屋デパート。村野藤吾の設計です。久々にじっくり眺めてみました・・・。
村野さんらしい陰影のあるファサードの構成。アルキャスト(アルミの鋳物)による特注デザインの外壁ですね。
e0066586_1242423.jpg
e0066586_12423320.jpg
e0066586_12424065.jpg
e0066586_12424717.jpg
e0066586_12425514.jpg
内部の店舗照明も村野さん自身のデザインによるものだということで、こちらもジックリ眺めてみたのです・・・。
e0066586_1243216.jpg
e0066586_12431044.jpg
e0066586_12431638.jpg
e0066586_12432289.jpg
確かに村野さんらしい柔らかい装飾による逸品でありました。
by th0031 | 2017-07-20 12:49 | 名建築 | Trackback | Comments(0)
伝説のカフェ WEATHER REPORT@神戸
e0066586_1731483.jpg
海辺のカフェの話をしていて、急に思い出したお店があります。
伝説のカフェ「ウェザー・リポート」。
そういえば3年くらい前に井澤さんと話をしていてこのお店の話題になった。

1980年代前半、神戸に住んでいた頃のこと。舞子海岸当たりにあった、当時としては超オシャレなカフェ。たしかコンテナを改造して海辺に置いたようなつくりだったと思います。
友人と1~2度入った記憶がありますが、とっても入りにくかったような・・・。

ネットで調べるといくつかの画像が・・・・
ちょっと拝借させていただきました。

e0066586_17311155.jpg
e0066586_17412753.jpg
e0066586_1731241.jpg

出典:
http://昭和レトロ.tokyo/retoro/archives/287.html
http://blog.gekko-u.shop-pro.jp/?eid=1114
http://www.ventiler.jp/2015/10/31/
by th0031 | 2017-07-19 17:43 | | Trackback | Comments(0)
京都大学吉田寮
e0066586_1245015.jpg
京都大学吉田寮なるもの。
その存在を今回初めて知った。1913年(大正2年)に建てられた木造2階建て。
なんとここに今も京大の学生が住んでいる・・・。

時空間を越えて別世界に迷い込んだ感がある・・・。
e0066586_1245792.jpg
e0066586_12451496.jpg
e0066586_12452049.jpg
e0066586_12452747.jpg
e0066586_12453437.jpg
e0066586_12454193.jpg
e0066586_12454740.jpg

by th0031 | 2017-07-10 12:53 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(0)
エコトーン(ecotone)のつくる風景
e0066586_9303548.jpg
陸域と水域、森林と草原など、異なる環境が連続的に推移して接している場所をエコトーンと呼びます。異なる環境の移行帯、推移帯としてのエコトーンは一般に、生物の多様性が高いことで知られています。
(上写真クリックで拡大)
e0066586_9304364.jpg
仁尾町の父母(ちちぶ)海岸。

砂浜などの自然の海岸や干潟も生物多様性を育む重要なエコトーンです。
生物多様性の高いエコトーンは、同時に美しい風景をつくりだします。
by th0031 | 2017-07-08 09:38 | 自然 | Trackback | Comments(0)