讃岐にあった伝説のお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
<   2012年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
鹿の井出水
e0066586_7224863.jpg
高松市にある「鹿の井出水」。鹿が掘り当てたと言われているらしい。かなりの距離で石垣が突かれて護岸整備がされています。整備前の状況を見てみたかった気がします・・・。
e0066586_7225267.jpg
e0066586_7225658.jpg
ここから水が湧いているようです。
e0066586_723137.jpg
map
by th0031 | 2012-03-31 07:28 | ビオトープ | Trackback | Comments(2)
高松城披雲閣
e0066586_7233389.jpg
高松市玉藻公園内にある披雲閣。これも香川の誇る名建築の一つです。雑誌「新建築」が創刊80周年記念で出版した「日本の建築空間」(2005年11月臨時増刊)では日本を代表する建築空間が100選として紹介されています。その中の一つがこの披雲閣です。披雲閣のページでは西和夫氏が次のような一文を寄せています。
-----------------------------------------------------------
広々とした座敷、そこにひろがる開放的な、のびのびとした空間。これを可能にしたのは、天井裏の木造トラスである。施工は清水組。この座敷は、建具を入れたときと外したとき、異なるふたつの表情を見せる。広々とした開放的な表情は、建具を取り外したときのものだ。4間に3間半、28畳敷きの主室には幅2間半、奥行1間の床があり、1間半幅の棚が左に、1間余の付書院が右にある。床や棚を含めれば30畳を超す。次の間は28畳、三の間も28畳。3室通せば90畳ほどになる。しかもその周囲に1間幅の畳縁が回る。建具を外し、三の間から一の間を眺めると、実に雄大な、広々とした空間を見ることが出来る。建具を入れると今度は、対面の場にふさわしい格式の高い3室が出現する。これもまた見事だ。1917年(大正6年)完成の、松平家の別邸披雲閣は、この大書院とやはり大空間の蘇鉄の間など多くの建物で構成され、風呂・便所など裏の建物までよく残る貴重な存在である。
-----------------------------------------------------------
e0066586_7233881.jpg
e0066586_723428.jpg
e0066586_7234632.jpg
e0066586_7235085.jpg
e0066586_7235415.jpg
e0066586_7235843.jpg
e0066586_724296.jpg
e0066586_724648.jpg
e0066586_7241015.jpg
e0066586_7241545.jpg

by th0031 | 2012-03-30 08:04 | 名建築 | Trackback | Comments(0)
(仮称)樋の口出水
e0066586_727139.jpg
よしむら農園さんのすぐ前にある小川の出水。良い感じの小川の流れの途中に出水があるという。
e0066586_7271955.jpg
e0066586_7272581.jpg
近くの田んぼで作業をしていたおばあさんがこの辺だと教えてくれたのです。
e0066586_7273156.jpg
map
by th0031 | 2012-03-29 07:31 | ビオトープ | Trackback | Comments(0)
竜門出水
e0066586_719273.jpg
よしむら農園さんに教えてもらった川井地区の出水。こんな森の中でひっそりと湧いているのです。
e0066586_719336.jpg
水の透明度も高く、自然の状態が保たれていて素晴らしい・・・。地域の人々が年に一度掃除を行っているそうです。このままの状態で残して欲しいものです。吉村さんの話によると、この森の中にはキジも棲息しているとのこと。ビオトープです。
e0066586_7193898.jpg
e0066586_7194464.jpg
map
by th0031 | 2012-03-29 07:24 | ビオトープ | Trackback | Comments(4)
正倉院正倉整備工事 第一回現場公開
e0066586_7193767.jpg
正倉院の100年目の大修理の現場を見学する機会に恵まれました。素屋根がかかった現場は至近距離から外壁や屋根の様子を見ることが出来ます。
e0066586_719438.jpg
e0066586_7194894.jpg
ご存じ校倉造りの組み手の様子です。
e0066586_7195342.jpg
e0066586_7195866.jpg
e0066586_720419.jpg
矩形図(かなばかりず)。
e0066586_72089.jpg
長い年月に耐えてきた屋根瓦の様子。瓦は一旦全て慎重に取り外し、使えるものは再利用して再度葺き上げるそうです。
e0066586_7201429.jpg
e0066586_7201939.jpg
e0066586_720243.jpg
現状の瓦も様々な時代のものが混在しています。最も古いのは鎌倉時代のもの。
e0066586_720296.jpg
e0066586_7203510.jpg
e0066586_7203930.jpg
垂木の組み方に見入る山口棟梁(菅組)。
宮内庁パンフレット
by th0031 | 2012-03-28 07:28 | 建築現場 | Trackback | Comments(0)
わらく 084
e0066586_7344152.jpg
代行運転の運ちゃんに教わった高松市三谷町の「わらく」。とりてんうどんがお奨めだというのでいってみたのです・・・。
e0066586_7344722.jpg
e0066586_7345387.jpg
いけます。
e0066586_7345879.jpg

by th0031 | 2012-03-27 07:37 | 讃岐うどん | Trackback | Comments(2)
かおりひめ 081
e0066586_7275051.jpg
新橋の香川・愛媛 せとうち旬彩館のなかにある「かおりひめ」。香川県と愛媛県の郷土料理を出すお店です。ちゃんと「ひやかけ」もあり、おいしい・・・。東京では知られざる穴場と見た。
e0066586_7275654.jpg

by th0031 | 2012-03-27 07:32 | 讃岐うどん | Trackback | Comments(2)
まるたけ 079
e0066586_7232829.jpg
さぬき市大川町のみろく公園近くにある「まるたけ」。ここでは納豆うどんをいってみた・・・。
e0066586_7233438.jpg
e0066586_7234077.jpg

by th0031 | 2012-03-27 07:26 | 讃岐うどん | Trackback | Comments(0)
こだわり麺や 坂出鴨川店 077
e0066586_717744.jpg
あの「がもう」の近くに店を出す「こだわり麺や」坂出鴨川店。看板には大きく「カレーうどん」とあったが、ぶっかけをいってみる・・・。国道沿いという立地もあり店内はとっても賑わっていた。
e0066586_7171397.jpg
e0066586_7171899.jpg

by th0031 | 2012-03-27 07:22 | 讃岐うどん | Trackback | Comments(0)
旧恵利家住宅
e0066586_723927.jpg
さぬき市みろく自然公園内にある「旧恵利家住宅」。17世紀の建物で県下最古の農家住宅。香川県民として恥ずかしながら今回初めて見学させてもらったのです。もとは、大川町新名という地域にあったものを、平成13年に現地に再移築されたそうです。昭和46年に重要文化財の指定を受けています。
e0066586_7232187.jpg
e0066586_7232757.jpg
低い軒と藁葺屋根、地面から生えてきたようなプロポーションが美しい。
e0066586_7233122.jpg
e0066586_7233587.jpg
e0066586_7233954.jpg
e0066586_7234483.jpg
e0066586_7234836.jpg
map
by th0031 | 2012-03-26 07:36 | 名建築 | Trackback | Comments(0)