讃岐にあった伝説のお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
<   2011年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧
13年目の増築 お引き渡し@屋島
e0066586_712715.jpg
OMソーラーの家に住んで13年目の増築が完成しました。
e0066586_7121482.jpg
焼杉と漆喰の外壁に板塀が映えます。
e0066586_7121961.jpg
お引き渡しだったのです。
e0066586_7122690.jpg
こちらは13年経った既存の主屋を改修。中央の真新しい桧の柱とコート掛けは昨年の「大黒柱伐採ツアー」で伐採した樹齢80年の仲南桧(香川県産)。
e0066586_7123120.jpg
造園家の手によるビオトープも完成しました。石積みが良い感じですね。
by th0031 | 2011-10-31 07:20 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
リンケンスタイル
e0066586_8173287.jpg
島根県にあるリンケンさんベーハ小屋研究会 島根特派員)のお仕事を拝見する機会に恵まれました。まずは益田市にあるモデルハウス。こちらはAki先生の設計です。
e0066586_8173755.jpg
厳選した深みのある色合いでオリジナル色の石州瓦が葺かれています。地域の素材を洗練したデザインにまで高めています。塗り壁と板貼りのコントラスト。リンケンスタイルです。
e0066586_8174249.jpg
e0066586_8174688.jpg
こちらはコンセプトカフェ「欅ガルテン」。
e0066586_8175017.jpg
社長のご自宅も拝見できました。築58年の民家を大規模改修しています。
e0066586_8175572.jpg
こちらもリンケンスタイル。「クヌギ小屋」もナカナカであります・・・。
e0066586_818085.jpg
e0066586_818630.jpg
小さな別荘。
e0066586_8181185.jpg
2階バルコニーからは水質日本一の清流「高津川」を臨みます。
e0066586_8181647.jpg
「建築はおだやかであるべきだ。」とはリンケン田村社長の言葉、フムフム・・・実感いたしました。大変勉強になると共に刺激を頂いた島根研修ツアーでありました。
by th0031 | 2011-10-30 08:30 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
仁尾の路地空間 vol.1
e0066586_7356.jpg
仁尾の街中には車も通れないような路地があちこちに散在しています。路地空間は、幅が狭いが故に囲まれた独特の雰囲気と人間的なスケール感を維持していて、歩くと心地よいのです。文化財的な価値ある建築があるわけではないのですが、長年人々と生活を共にしてきた小さな路地空間は、歴史を超えた空気感のようなものを内包しています・・・。しかしながら現行の法規制では、二項道路にもならず接道がないために建物が建たない土地が数多くあるのです。建物が壊され空き地となって歯抜けになっていく土地がいくつも出始めています。路地のスケール感を残したままで古い建物と新しい建物が共存する街を残していけないものでしょうか?今、都市計画にはそんな視点が求められているような気がします。
e0066586_731051.jpg
e0066586_731479.jpg
e0066586_731830.jpg
e0066586_732337.jpg
e0066586_732728.jpg
e0066586_733193.jpg
e0066586_733584.jpg
e0066586_734057.jpg
e0066586_734616.jpg
e0066586_73549.jpg
<追記 111106 関連記事>
仁尾の路地空間 vol.2
仁尾の路地空間 vol.3
by th0031 | 2011-10-29 07:15 | | Trackback | Comments(0)
灰小屋(はんや)@安佐町
e0066586_727386.jpg
広島県の安佐町という所に「高床式の田小屋」があるという情報を聞きつけ広島市役所に問いあわせてみた。すると安佐北区役所区政振興課のYさんが丁寧に現地を調査していただき、写真と地図まで送っていただいたのである。島根へ向かう途中に高速道路を途中下車しウロウロしていくつか見つけたのがこれ。田園風景に溶け込み「点在という街並」を形成している。予想以上に素晴らしい風景がそこにはあったのだ・・・。
e0066586_727788.jpg
e0066586_7271239.jpg
e0066586_7271652.jpg
e0066586_727219.jpg
e0066586_7272379.jpg
石垣から樹が大きく生長している。
e0066586_7272769.jpg
e0066586_7273282.jpg
e0066586_7273646.jpg
e0066586_7274152.jpg
この小屋の持ち主のおばさんと話が出来た。それによるとこの小屋は「はんや」と呼ばれていたらしい。漢字は不明だ。
<追記 131228>
「灰小屋」と書いて「はんごや」とか「はんや」と呼ばれていたらしい。
e0066586_7274517.jpg
e0066586_7275023.jpg
e0066586_7275515.jpg
e0066586_728090.jpg
e0066586_728480.jpg
e0066586_728996.jpg
e0066586_7281375.jpg
e0066586_7281832.jpg
広島市安佐北区役所からいただいたmap

<追記 111028>
e0066586_13343010.jpg
最初に情報を得たチルチンびとの2011年1月号別冊「左官と建築」の記事 全国「塗り壁」散歩(小林澄夫 構成)より
これと同じものは見つからなかった。既に解体されている可能性も高い。

<追記 131228>
関連記事
灰小屋(はんごや、はんや)
灰小屋(はんごや)
by th0031 | 2011-10-28 07:39 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(4)
島根のベーハ小屋
e0066586_7102758.jpg
ベーハ小屋研究会 島根特派員のマイルス社長に案内していただいた益田市のベーハ小屋。島根の物件を見るのはこれがはじめて。越屋根が少しノッポなことと屋根の下部が透けていることなど個性的な表情を持つ逸品です。
e0066586_7103236.jpg
e0066586_7103697.jpg
屋根は赤い石州瓦。地域性が出ています。
e0066586_7104195.jpg
隣には灰小屋なるものが隣接しています。こちらもナカナカの風情。低いトタン屋根とそれを支える木の骨組みが只者ではない・・・。
e0066586_7104574.jpg
石組みの井筒の様な穴の中に灰を保管するらしい・・・。
by th0031 | 2011-10-27 07:17 | 讃岐のベーハ小屋 | Trackback | Comments(2)
屋根の上の七輪
e0066586_6233751.jpg
七輪なるものを買って草屋根で使ってみたのです。隣近所に煙の気を使うこともなく焼けるのです。日が暮れると、滅多に使わない屋根の照明器具に灯が入ります・・・。草屋根と七輪、実に相性がよいということがわかりました。
e0066586_6234884.jpg
秋の味覚はなんといってもコレ、サンマですね。
e0066586_6254980.jpg

by th0031 | 2011-10-25 06:30 | 草屋根 | Trackback | Comments(0)
つばめグリル
e0066586_716153.jpg
銀座5丁目にあるつばめグリル銀座コア店(銀座通り本店は建て替え工事のため休業中だそうな・・・)。ここは1930年創業の老舗の洋食屋さん。ハンブルグステーキなり。とてもおいしい・・・
e0066586_7162233.jpg

by th0031 | 2011-10-24 07:22 | | Trackback | Comments(2)
松林亭(しょうりんてい)@蔦島
e0066586_722925.jpg
仁尾町の蔦島(つたじま)。10月一杯は船で島へ渡れる。
e0066586_723553.jpg
赤い鳥居の右手に見えるのが「松林亭」。料亭旅館として昭和50年代(?)頃まで使われていた。今回、ちょっと実測調査に入ることになったのです。
e0066586_724130.jpg
内部はかなり老朽化してボロボロだが、外観は往時を偲ばせるものがある。
e0066586_724936.jpg
e0066586_725532.jpg
赤い屋根は塩焼瓦。昔仁尾に塩焼瓦を焼いていた瓦屋さんがあったらしいので、おそらくそこで焼いたものと思われる。
e0066586_73139.jpg
松林亭は我が社で手がけさせていただいたものです。たぶん昭和初期の建築ではないかと想像されます。私のひいじいさんにあたる「菅米吉」が棟梁を務めさせていただいたようです・・・。
by th0031 | 2011-10-23 07:11 | | Trackback | Comments(0)
凱陣(がいじん)
e0066586_712848.jpg
琴平にある造り酒屋「丸尾本店」。ここでつくられる「悦凱陣」という日本酒は全国でも日本酒マニアに支持される銘酒だ。
e0066586_7121519.jpg
e0066586_7122145.jpg
風情のある建物は「史跡 長谷川佐太郎旧家」と書かれている。由緒ある建物のようだ。
e0066586_7122767.jpg
「凱陣」大吟醸なり。
by th0031 | 2011-10-20 07:21 | | Trackback | Comments(0)
素堀の用水路
e0066586_7124627.jpg
秋祭りの番外編。沓脱八幡神社の周囲に拡がる農地で見つけた「素堀の用水路」。このあたりでもほとんどの用水路がコンクリートで固められている。
e0066586_7125042.jpg
素堀の用水路は生物多様性を育む大切なビオトープのタイプだ。
e0066586_712559.jpg

by th0031 | 2011-10-19 07:16 | ビオトープ | Trackback | Comments(0)