讃岐にあった伝説のお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
<   2010年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧
鍋ホルうどん
e0066586_7192075.jpg
多度津町で売り出し中だという「鍋ホルうどん」。いくつかのお店でやってるらしいのですが、ひろ濱うどんでいってみました・・・。これからの季節は良いですね。
e0066586_7192822.jpg
おいしかったのです。
by th0031 | 2010-11-30 07:21 | 讃岐うどん | Trackback | Comments(0)
枌所小学校柏原分校
e0066586_7222351.jpg
龍王一家の徒然日記」で知った旧枌所(そぎしょ)小学校柏原分校。さっそく見てきました。ご覧の通りの小さな木造校舎。良い感じです。リノベーションとかコンバージョンして利用できれば良いですね・・・
e0066586_7222990.jpg
e0066586_7223435.jpg
map
by th0031 | 2010-11-29 07:27 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(2)
浜松特派員から届きます・・・
e0066586_829015.jpg
浜松に讃岐うどん店「野の香」をオープンした浜松特派員さんから写真が届きました。まずはうどんの写真。まだ食べてませんが、美味しそうですね・・・。
e0066586_829737.jpg
お店のメニューには私が寄稿させていただいた「もうひとつの讃岐の原風景(ベーハ小屋)」が・・・
e0066586_8291190.jpg
精力的にベーハ小屋探索をしていただいてるようで、いくつかのベーハ小屋の写真を頂きました。ありがとうございます。
e0066586_8291614.jpg
e0066586_8292132.jpg
e0066586_8292547.jpg
珍しい間口サイズの違う並列夫婦窯ですね・・・
e0066586_8293091.jpg
e0066586_8293570.jpg
浜松のモノはどちらかというと讃岐のモノよりは益子のモノに近いような気がします・・・。
by th0031 | 2010-11-28 08:35 | 讃岐のベーハ小屋 | Trackback | Comments(0)
土壁の家 完成見学会 in 大野原
e0066586_725548.jpg
観音寺市大野原町で完成見学会を開催します。今日・明日です。お越しください・・・
e0066586_7251275.jpg
□設計:菅組一級建築士事務所(担当 尾崎英司)
□施工:菅組(担当 白川正人)
詳しくはコチラ
by th0031 | 2010-11-27 07:29 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
ベーハ小屋@下麻集落
e0066586_7252353.jpg
私としては盲点になっていた高瀬町下麻地区。最近いくつか見つけました。たぶん研究会メンバーが既に紹介している物件かも知れません・・・
e0066586_725293.jpg
良いですね。
map
by th0031 | 2010-11-26 07:27 | 讃岐のベーハ小屋 | Trackback | Comments(0)
川端(カバタ)@新旭町針江集落
e0066586_719351.jpg
滋賀県高島市新旭町を訪問する機会がありました。琵琶湖に面した湧水の町です。
e0066586_719928.jpg
ここでも用水路に鯉が放流されています。コイはペットとして家の中で飼育する分には問題ありませんが、用水路など本来生物多様性の豊富な場所への放流は厳禁です。ほぼブラックバスと同等ですから・・・参考
e0066586_7191462.jpg
「水をきれいにしてくれる」という意味は残飯を残らず食べ尽くしてくれるという意味であり、水質を浄化するわけではありません。むしろ微生物を片っ端から食べ尽くすことで水質を悪化させるのです。針江集落ほどの水郷の街がこの意識はちょっと残念なのです・・・。
e0066586_719192.jpg
今回訪問の目的はコレ、川端(カバタ)と呼ばれるもう一つの台所。川から引き込んだ水と生水(しょうず)と呼ばれる湧水があふれています。
カバタは3つの池からできています。地下から水があふれる元池[もといけ]、元池から汲み上げたところが壺池[つぼいけ](写真右)、二の池(写真右から二つ目)を介して壺池からあふれた水をためておくのが端池[はしいけ]と呼ばれます。端池には川の水が流れ込んでおり、ここで鯉などが飼われて台所で出る野菜などの残飯を処理してくれるのです。この場合の鯉の利用は実に有効な方法だと思います。
e0066586_719241.jpg
針江集落ではいまでもカバタが実用として使われています。素晴らしい!
e0066586_7192860.jpg
e0066586_7193288.jpg
e0066586_7193711.jpg
道路脇の小さな用水路。たくさんのカワニナが生息しています。よく見ると沢ガニやヨシノボリなどの生物がたくさん生息しています。生物多様性ですね・・・こういう所にコイを放流すると一気に多様性が貧困になります。
e0066586_7194350.jpg
スジシマドジョウ(?)。
e0066586_7194920.jpg
端池で鯉を飼育するのはOKです。
e0066586_7195482.jpg
おおー、良い感じです。
e0066586_7195912.jpg
e0066586_720454.jpg
素晴らしい!
e0066586_720947.jpg
針江集落の案内mapです。クリック拡大してご覧下さい・・・。
e0066586_7201423.jpg

by th0031 | 2010-11-25 07:44 | | Trackback | Comments(2)
ああ、哀愁のベーハ小屋@「うたんぐら」
e0066586_7222076.jpg
前代未聞の「ベーハ小屋勉強会」とでもいうべき座談会が宇多津町の小さなギャラリー「うたんぐら」で開催されました。ベーハ小屋の写真を紹介しながら名称の由来から乾燥の仕組み、分類のことなどをベーハ小屋研究会のメンバー二人(西讃支部長反省部長)にフォローしてもらいながらしゃべらせていただきました・・・。
e0066586_7222696.jpg
e0066586_7223288.jpg
第二部では軽くお酒を飲みながらの楽しい会になりました。濃い方々を中心にずいぶん盛り上がったのでした。

□関連記事□
Blog うたんぐら
和うるし日記
西讃支部長
反省部長
by th0031 | 2010-11-24 07:28 | 讃岐のベーハ小屋 | Trackback(1) | Comments(4)
京都駅
e0066586_76107.jpg
久しぶりの京都界隈でした。悪評高い「京都駅舎」ですが、わたしは名建築だと思っています。
そこには京都らしい日本的な光が充満しているように思うのです・・・。
e0066586_761814.jpg
実は建築家 原広司氏のファンなのです。あの難解な「有孔体」以来原理論にはけっこう影響を受けました。
by th0031 | 2010-11-22 07:11 | 名建築 | Trackback | Comments(6)
火の見櫓@二本足
e0066586_8333044.jpg
火の見櫓をもう一つ。丸亀市川西にあったヤツ。珍しい二本足タイプだ。半鐘が屋根にかぶっていて、一緒に屋根もたたきそうである。
e0066586_8333536.jpg
イヤー、なかなか良い。
by th0031 | 2010-11-21 08:36 | 火の見櫓 | Trackback | Comments(2)
火の見櫓 @ 高室
e0066586_744589.jpg
火の見櫓が続きます。観音寺市高室地区にあるヤツ。とてもカワイイ。我が家に一つ欲しいくらいだ。「火の見櫓のあるお家」なんていうのも良いかも・・・。
意識してないと気がつかないモノですが、その気になって探し始めると意外とあるんですね。ちょっと写真ストックが増えてきました・・・
e0066586_74527.jpg
e0066586_745799.jpg

by th0031 | 2010-11-20 07:08 | 火の見櫓 | Trackback | Comments(4)