讃岐にあった伝説のお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
<   2010年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧
浜松特派員よりベーハ小屋情報!
e0066586_18123251.jpg
浜松の特派員「野の香」さんより報告が届きました。磐田あたりにけっこうありそうだということです・・・。以下報告文と写真です。
----------------------------------------------------------
昨年の夏頃、浜松のベーハ小屋報告をして以来、また新規に発見しておりますので、写真を送付させていただきます。
今までに、浜松市内に18棟、天竜川をはさんだ磐田市に24棟、計42棟のベーハ小屋を発掘、もとい発見しております。なにか遺跡を発掘するような楽しさがありますね。特に磐田地区は、もともと煙草の産地だったこともあり、探せばまだまだありそうな気配です。さらに調査を進めます
----------------------------------------------------------
e0066586_18123719.jpg
e0066586_18124149.jpg
e0066586_18124728.jpg
e0066586_18125284.jpg
e0066586_18125766.jpg
e0066586_181323.jpg

by th0031 | 2010-01-30 18:16 | 讃岐のベーハ小屋 | Trackback | Comments(0)
讃岐舎(さぬきのいえ)ベーハスタイル完成間近!
e0066586_7193610.jpg
三豊市三野町で胎動中の讃岐舎の足場が外れました。ベーハ小屋スタイルの印象的な越屋根がベールを脱ぎました・・・。夫婦窯(めおとがま)です。
コチラもどうぞ・・・。
by th0031 | 2010-01-30 07:21 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
対馬のお土産
e0066586_13515884.jpg
だいたい遠征先で購入するお土産はこの手のヤツが多いのです・・・。ウニの瓶詰めですね、良いですね。
e0066586_1352330.jpg
e0066586_1352796.jpg
e0066586_13521234.jpg
コチラは「このわた」。コレは珍味です・・・。ナカナカいけます。
e0066586_13521688.jpg

by th0031 | 2010-01-29 13:54 | | Trackback | Comments(0)
蜂洞(はちどう)
e0066586_7125753.jpg
対馬を車で走っているとところどころに現れるのがコレ。蜂洞(はちどう)と呼ばれるニホンミツバチの巣。今、養蜂の世界はセイヨウミツバチが主流になって、外来種ということでいろいろ問題になっていますが、対馬にはセイヨウミツバチが入っていないので100%ニホンミツバチだそうです。そのニホンミツバチの巣がこの蜂洞。無垢の丸太をくり抜いたものでナカナカ風情があるのです・・・。
e0066586_713283.jpg
e0066586_713613.jpg
ここからニホンミツバチが出入りします。
e0066586_7131080.jpg
クリック拡大。
e0066586_7131534.jpg
・・・でとれたのがコレ。その名も「蜂洞」。濃厚かつ複雑な味でとても美味しい。
e0066586_7131911.jpg

by th0031 | 2010-01-29 07:21 | | Trackback | Comments(0)
対州檜(タイシュウヒ)の森
e0066586_13382713.jpg
対馬は人工林の半分以上が檜の山。過去には「タイシュウヒ」と呼ばれるブランドが存在したのだとか・・・。今も残るそのタイシュウヒの山を案内してもらったのです。樹齢は100年ほどです・・・。
e0066586_1338337.jpg

by th0031 | 2010-01-28 13:40 | ビオトープ | Trackback | Comments(2)
龍良山(たてらやま)原始林
e0066586_1313438.jpg
対馬の原生林といわれる龍良山に上ってきました。下層はスダジイ中心の森、上層はアカガシの森です。
e0066586_1313975.jpg
クリック拡大(上下共)
e0066586_1314310.jpg
e0066586_1314885.jpg
e0066586_1315437.jpg
板根(ばんこん)と呼ばれる独特の根っこ。対馬の土壌は岩盤で根が深く入れないため、この様に地上で張り出して自重を支えるのだとか・・・。スダジイです。樹齢は数百年だと思われます・・・。
e0066586_13272.jpg
e0066586_13211100.jpg
「イタジイ」とあるが椎の木は「スダジイ」と「ツブラジイ(コジイ)」の2種類だと思っていたので調べてみると「スダジイ」の別名だとか・・・。
e0066586_1321592.jpg
ウラジロガシ。
e0066586_1321997.jpg

by th0031 | 2010-01-28 13:30 | ビオトープ | Trackback | Comments(0)
対馬の石垣
e0066586_7174730.jpg
対馬のもう一つの名所、街の石垣。やはり地元産出の頁岩で築かれたもので防火壁の役割もしているそうな・・・。石の表情と自然な積み方がとても良い雰囲気を醸し出しています。厳原地区のものをいくつか載せてみました。
e0066586_7175267.jpg
e0066586_7175549.jpg
e0066586_718150.jpg
e0066586_718785.jpg
e0066586_7181335.jpg
e0066586_7181816.jpg
e0066586_7182346.jpg
e0066586_7183088.jpg
e0066586_7183531.jpg
e0066586_7184017.jpg
e0066586_7184675.jpg
クリックで拡大します・・・。
e0066586_7185227.jpg
e0066586_7185810.jpg
最後の2枚は万松院のもの。
e0066586_719436.jpg
雪の舞う寒い一日でした。
by th0031 | 2010-01-28 07:25 | | Trackback | Comments(2)
対馬の石屋根
e0066586_8325100.jpg
対馬に今も残る石屋根の板倉倉庫。屋根の石は頁岩(けつがん)と呼ばれる砂岩系の石。柱にはなんとスダジイが使われているらしい。スダジイは照葉樹林文化の主役、そう「シイ・タブ・カシ」のひとつ。
e0066586_833158.jpg
小屋フェチの私としては見逃せない一品なのです・・・。
e0066586_833511.jpg
イヤー、素晴らしい!
e0066586_834024.jpg
この自然発生的なデザインが何ともいえず良いのですね。
e0066586_1848926.jpg

by th0031 | 2010-01-27 08:15 | 遠征 | Trackback | Comments(2)
対馬へ
e0066586_715158.jpg
長崎県の沖に浮かぶ島「対馬(つしま)」へ行ってきました。第七回森里海連関学実践塾だったのです。
厳原(いづはら)地区の漁港の風景です・・・。
e0066586_7151963.jpg
詳しくはおいおいUPします。下記をご参考に・・・
<関連記事>
http://sosakujo.exblog.jp/13560451/
http://rinken.exblog.jp/10698983/
http://www.bionet.jp/2010/01/tsushima-morisatoumi1/
海子丸
by th0031 | 2010-01-26 07:18 | 遠征 | Trackback | Comments(4)
ちどり
e0066586_725381.jpg
以前横山建具さんに教えてもらっていたさぬき市志度の中華そば専門店「ちどり」。家庭的な雰囲気の店でナカナカ良い。美味しいですね。
e0066586_7254291.jpg
<中華そばミシュラン☆☆☆>
by th0031 | 2010-01-25 07:28 | 中華そばミシュラン | Trackback | Comments(2)