讃岐にあった伝説のお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
<   2008年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧
稲庭うどん
e0066586_14313268.jpg
新橋の稲庭うどん「七蔵(ななくら)」で稲庭うどんをいただきました。
e0066586_14313850.jpg
ざるに盛られた温麺です。
e0066586_14314477.jpg
e0066586_14314976.jpg
この出汁につけて食べるのです。おいしかったですが香川県民は、きっとこれはうどんではないと言うでしょう。素麺か冷麦、そう徳島の半田素麺みたいなものですね・・・
by th0031 | 2008-08-31 14:37 | 讃岐うどん | Trackback | Comments(6)
村野藤吾
e0066586_11134226.jpg
村野藤吾・建築とインテリア」展を見てきました。
村野さんは私の最も尊敬する建築家の一人で、大学時代に修士論文を「村野藤吾の建築作品に関する研究」で書かせて頂いたこともあります。当時彼の多くの作品をくまなく見学させて頂きました。彼の建築を私は「写真写りの悪い」建築だと思っています。それは写真では「装飾過多」でなんだか趣味性の強い建築だなとあまり良い印象を持たずにいた作品が、実際にその空間に触れてみると写真ではとても表現できない豊かさを持っていて感性に語りかけてくるのです。逆に「写真写りの良い」建築も数多く見てきただけに、村野建築の空間体験はとても新鮮で驚きに満ちていました。
今回の展示会のサブテーマは「ひとをつくる空間の美学」。村野建築はまさに人の感性に語りかけてくる空間でした。それはいったいどこから来るだろうか?それが修士論文のテーマでした。

1984年、私が修士論文をまとめはじめたころ村野藤吾は93才で永眠しました。前日いつもと同じように心斎橋の事務所に阪急電車で出社し、いつもと同じように帰宅したその翌朝、畳の上で眠るように亡くなっていたと聞きました。不謹慎ながらその「死にざま」にも憧れました。
村野作品は60~70才代に全盛期を極め、80才代で円熟期、90代の作品にも明らかに本人が直接デザインした手の痕跡が残っています。93才で亡くなる直前まで最前線で建築設計の仕事に携わっていたのですね。

久しく村野作品はもちろん建築デザインに触れる機会がめっきり減ってしまいましたので今回の展示会は懐かしくもあり、とても刺激的なものでした。10月26日までのロングランのようですので是非ご覧になってみて下さい。お奨めです・・・
e0066586_11134985.jpg

by th0031 | 2008-08-31 12:04 | | Trackback | Comments(2)
口脇(くちわき)
e0066586_6575019.jpg
菅組刻み小屋の風景です。
八尾(やつお)と呼ばれる入母屋屋根形状の隅棟の先端部(材は檜)。口脇と呼ばれる加工。ここに広小舞が両サイドから納まってくる。
e0066586_6575786.jpg
こちらは柱の出隅部に取付く枘(ホゾ)部分。
by th0031 | 2008-08-28 07:14 | 大工 | Trackback | Comments(0)
棟札(むなふだ)
e0066586_7173956.jpg
檜の棟札に墨汁でチョイチョイと・・・
e0066586_7174622.jpg
一応、下書きを鉛筆で軽く・・・
e0066586_7213198.jpg
通常の墨汁はにじむので、木に直接書ける専用の墨汁を使います。
e0066586_7175115.jpg
こんな感じで祭壇に並びます。
e0066586_717561.jpg
その後小屋裏部分に取り付けます。
e0066586_718259.jpg
フォルクスハウスの上棟式でした。
おめでとうございます。
by th0031 | 2008-08-27 07:25 | 家づくり | Trackback | Comments(2)
我が家のビオトープ
e0066586_742916.jpg
我が家のビオトープの様子です。
今年も新しい命がたくさん生まれました。
e0066586_744173.jpg
コウホネの花です。
by th0031 | 2008-08-26 07:05 | 我が家 | Trackback | Comments(0)
オミナエシ
e0066586_71592.jpg
我が家の草屋根に咲く「オミナエシ(秋の七草・在来種)」。
e0066586_7151528.jpg
e0066586_7152456.jpg
道路からもチラッと見えます・・・。
by th0031 | 2008-08-25 07:28 | 草屋根 | Trackback | Comments(0)
カフェ・デザール
e0066586_10393361.jpg
観音寺市のビストロ・マリアージュさんのセカンドカフェ「カフェ・デザール」。ちょっとシェフにお願い事があって初めてお邪魔しました。
e0066586_10393937.jpg
こんな大きな水槽の前でお食事が出来るのです。
e0066586_10394570.jpg
イソギンチャクに入っているのはクマノミ。
e0066586_10395145.jpg
空中浮遊のようですね。カクレクマノミわかりますか?
e0066586_10401718.jpg
こちらは本格派のエスプレッソマシーン。四国に2台しかないとか・・・
e0066586_10402298.jpg
ええ感じでした・・・
関連記事です。
by th0031 | 2008-08-24 10:58 | | Trackback | Comments(2)
仁尾(にお)のベーハ小屋 その2
e0066586_983339.jpg
地元仁尾町で発見したベーハ小屋いくつか。仁尾町は少ないと思っていたのですが、よくよく探してみるとあるのです・・・。車を運転しながらウロウロしていると、遠くにこの越屋根が目に飛び込んできます。ちょっと感動するのですね。これは「片山(かたやま)」地区あたり。
e0066586_984060.jpg
漆喰壁です。
e0066586_984946.jpg
こちらは「吉池(よしいけ)」のほとり(片山地区)。
e0066586_985660.jpg
これも片山地区。
e0066586_99331.jpg
e0066586_991096.jpg
e0066586_991652.jpg
これは加嶺峠付近(吉池のほとり)
e0066586_992349.jpg
仁尾のベーハ小屋(その1)はコチラ
by th0031 | 2008-08-23 09:21 | 讃岐のベーハ小屋 | Trackback | Comments(2)
軍艦島
e0066586_7252578.jpg
軍艦島の写真集が届いた。
長崎県の端島はかつて炭鉱で栄えたが今は無人島、廃墟の島。
世界遺産にという動きもあるようだ・・・
e0066586_7253173.jpg
e0066586_7253671.jpg

by th0031 | 2008-08-22 07:31 | | Trackback | Comments(2)
アメダス
e0066586_7931.jpg
気象庁の「地域気象観測システム」アメダス。全国に1300箇所に設置されているらしい。
気象庁のHPには過去の統計データが揃っている。
最寄りの香川県財田地区のデータをちょっと覗いてみた。20年前の1988年8月のデータ。最高気温が33度を超えた日は一日もない。今年のデータと比較してみるとその差は歴然・・・今年は最高気温が33度未満の日はたったの2日、30度を切った日は一日もない。
気候変動・・かなり深刻だ。
by th0031 | 2008-08-21 07:21 | Trackback | Comments(2)