讃岐にあった伝説のお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
<   2006年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧
「ピザ釜」づくりのイベント
e0066586_7401335.jpg
「OMエコショップすが」ではこの週末ピザの石釜製作とホタル鑑賞のイベントをやります。ちょっと覗いてみませんか・・。

石釜造りは陶芸家の秋山陣。スローライフの達人でもあります・・。

五右衛門風呂「湯牧民」の体験入浴もOKです!

□日時:2006年6月2日(金)・3日(土)・4日(日)終日
□場所:玉響(香川町)下記地図参照
□詳細:HP参照
e0066586_7491081.jpg

ピザを食べに行くだけでもOK。わらぶき屋根の良い古民家です。

にほんブログ村 住まいブログへちょっとココを押してみませんか・・
by th0031 | 2006-05-31 07:53 | エコショップなるもの | Trackback | Comments(2)
雑穀グルメ!「つぶつぶカフェ」
e0066586_7161795.jpg
大谷ゆみこさんのやっている雑穀レストラン「つぶつぶカフェ」へ行ってきました。
e0066586_7162678.jpg
江戸川橋のほど近くにあります。
「自然食」とか「健康食」というとなんか物足りないような感じがあるのですが、ここの料理はコクがしっかりあってほんとに「グルメ」という感じ。おいしいのです。
大谷さんの思いがしっかり伝わってきます。
目から鱗のオーガニックです!
e0066586_7163320.jpg
自然食レストランなのにビールを置いてあるところが何とも嬉しい!
有機麦芽、富士箱根山系の天然水使用のビールです。
e0066586_7163952.jpg
雑穀とキノコソースのパスタ。
e0066586_7164655.jpg
雑穀とこんにゃくのカルパッチョ。
e0066586_7165149.jpg
つぶつぶスィートとタンポポコーヒーです。

雑穀づくしの雑穀グルメでした!
by th0031 | 2006-05-30 07:29 | | Trackback | Comments(10)
OMソーラーの原点
e0066586_7301445.jpg
OMソーラーがこの世に誕生して20数年になります。もともとは奥村昭雄氏が30年近く前に発案した空気集熱ソーラーシステムがその発端。
OMの原点とも言える家を見学する機会がありました。
奥村昭雄氏丸谷博男氏の設計による「大泉学園の家」。27年前に建てられたものだそうです。OMの歴史を感じます・・。
e0066586_7355969.jpg
屋根には集熱ガラス面が見えます。屋根一面ガラスです。
e0066586_7365942.jpg
蓄熱槽はなんと地下3mのサイロに石を積み込んだもの。
e0066586_7384681.jpg
丸谷氏が当時の様子を懐かしそうに語ってくれました。
OMソーラーの原点、「大泉学園の家」

にほんブログ村 住まいブログへちょっとココを押してみませんか・・
by th0031 | 2006-05-29 07:39 | 家づくり | Trackback | Comments(2)
四国のみち
e0066586_7585584.jpg
知ってましたか「四国のみち」。地元の山歩きのガイドブックです。ちょっとした「里山散策」なんかにとても良さそうです。香川県庁の県民課(旧館2階)でもらえます。
(ちなみに香川県庁旧館は亡き丹下健三の設計で関係者の間ではかなり有名な建築です。丹下さんの建物の中では香川県庁が最高傑作ではないかと私は思います。新館も丹下事務所の設計ですが、あまりよくありません・・。)

県や市役所にはあまり知られていない貴重な良い資料があったりします。もっと情報開示して欲しいですね。
e0066586_84252.jpg

にほんブログ村 住まいブログへちょっとココを押してみませんか・・
by th0031 | 2006-05-27 08:04 | | Trackback | Comments(4)
宝塚カトリック教会
e0066586_8213836.jpg
e0066586_82244.jpg
e0066586_8222739.gif
村野藤吾氏設計の「宝塚カトリック教会」(1966年)です。名作です。
写真は1980年代の前半に撮ったもの。

氏の地面から生えたような「有機的」デザインの代表作です。

包み込まれるような豊かな空間がそこにはあります。
e0066586_11395712.jpg
当時スケッチしたものです。

にほんブログ村 住まいブログへちょっとココを押してみませんか・・
by th0031 | 2006-05-26 08:29 | 名建築 | Trackback(2) | Comments(2)
讃岐うどん「フジ」 in 仁尾町
e0066586_7192364.jpg
我が街仁尾町の4件目のうどん屋紹介です。ここは仁尾町ではもっともポピュラーな大衆うどん屋さん。
時には労働者の、時にはサラリーマンの、家族連れの・・たまり場に・・。
ちょっとした仁尾の社交場という雰囲気です。
e0066586_7232011.jpg

にほんブログ村 住まいブログへちょっとココを押してみませんか・・
by th0031 | 2006-05-25 07:22 | 讃岐うどん | Trackback(1) | Comments(0)
ワールドカップ
e0066586_7215225.jpg
サッカーのワールドカップが近づいてきました。
日本ははたして勝ち点を挙げることができるのでしょうか?
写真は1990年イタリアワールドカップの時の記念ボール。
大会直前にイタリアで買ったもの・・もうあれから16年ですか・・早いですね。

にほんブログ村 住まいブログへちょっとココを押してみませんか・・
by th0031 | 2006-05-24 07:29 | Trackback | Comments(0)
ハマヒルガオ
e0066586_7335877.jpg
菅組本社の敷地内に咲く「ハマヒルガオ」です。側溝の中に根が張っているようで、なかなかの生命力です。
海はすぐそこです・・。
e0066586_7354454.jpg

にほんブログ村 住まいブログへちょっとココを押してみませんか・・
by th0031 | 2006-05-23 07:36 | ビオトープ | Trackback(1) | Comments(8)
地鎮祭 石垣のある風景
e0066586_12222433.jpg
豊浜町箕浦地区の山あい。地鎮祭の風景です。
このあたりには石垣が多く残っていて地域の風景を形成しています。今回の住まい手さんの土地にも石垣が・・
e0066586_12243028.jpg
e0066586_1224402.jpg
建て主さんのお父さんが自ら積んだ石垣だそうです。(素晴らしい!)
セメント類はいっさい使わず突き固めていくのです。石の空隙には多様な空間ができいろんな生物の住処になります。まさに「石垣ビオトープ」です。
写真の上部は2~3年前に積み足したものだそうです。

現在のコンクリートやブロック擁壁は、ほんとに進化した工法なのだろうか?・・と疑問に思う今日この頃です・・。

にほんブログ村 住まいブログへんー、どうも毎日押すのが基本のようです・・
by th0031 | 2006-05-22 07:21 | 家づくり | Trackback | Comments(2)
高松VHのビオトープにお魚放流
e0066586_11242141.jpg
先週つくった高松VH展示場のビオトープに魚を放流しました。トンボやアメンボなどたくさんの生き物たちが自然に集まってくる「ビオトープ」ですが、魚は自然に集まってきませんので入れてやります。もちろん日本の野生に昔から住んでいる在来種のお魚たちです。
金魚や鯉を放すのはやめましょうね・・。
e0066586_11294215.jpg
メダカ
[RDB 環境省カテゴリー:絶滅危惧Ⅱ類 香川県カテゴリー:準絶滅危惧]
e0066586_11301891.jpg
ヤリタナゴ
[RDB 香川県カテゴリー:絶滅危惧Ⅰ類]
e0066586_11304162.jpg
ニッポンバラタナゴ
[RDB 環境省カテゴリー:絶滅危惧ⅠA類 香川県カテゴリー:絶滅危惧Ⅰ類]

「OMエコショップすが」流ビオトープでは「ニッポンバラタナゴ」は主役的位置づけです。タナゴは「ドブガイ」の中(エラ)に産卵します。ドブガイの中で孵化した稚魚は貝の中から一斉に出てきます。また、ドブガイは幼生の時期、ヨシノボリに寄生して成長します。
つまり、この3者はお互いが共生関係にありどれが欠けても繁殖していくことができないのです。

「ニッポンバラタナゴ」は現在、生息環境の悪化や「タイリクバラタナゴ」との雑種化がすすみ純粋な野生のものは香川の三木町近辺のため池のほか大阪と九州の一部にしか生息していないといわれています。あまり知られていない香川の誇るべき淡水魚なのです。
e0066586_1131090.jpg
ヨシノボリ
e0066586_11312414.jpg
スジエビ
e0066586_11313563.jpg
ドブガイ
e0066586_11333788.jpg
魚が入るとビオトープは一気に活気づきます。これから夏に向かってどんな変化を見せるか、楽しみです。

にほんブログ村 住まいブログへんー、どうも毎日押すのが基本のようです・・
by th0031 | 2006-05-21 11:36 | ビオトープ | Trackback | Comments(6)