讃岐にあった伝説のお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
<   2006年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
ブラックバスを食べる!
e0066586_12391631.jpg
ブラックバスの天丼を食べました。滋賀県琵琶湖博物館レストランでのこと。まあ、「うまい!」とまでは言えませんが充分食べられます。ほんとは「塩焼き」とかブラックバスの姿が残ったままのやつを食べてみたかったのですが、メニューがこれしかありませんでした。

そもそも、ブラックバスは20世紀初頭に北米から食用目的で持ち込まれた外来魚。今や全国に拡がり日本に昔から住んでいる生物を片っ端から食い荒らしています。アメリカに侵略されつつある日本の状況とオーバーラップするのは私だけでしょうか?昨年、小池百合子率いる環境省が駆除に乗り出すことに決定しました。(パチパチ)

原点に返って食用のものは食べる。これ基本ですね!

にほんブログ村 住まいブログへ ← Let's try 「Click」,everyday.
by th0031 | 2006-01-31 12:49 | | Trackback | Comments(4)
アベマキですね・・。
http://app.blog.livedoor.jp/kitashiko/tb.cgi/50315216

良い雑木林ですね。雑木林は「里山」と同義で人の手が適度に加わった2次的自然です。2次的自然はうまく管理されていると一般に原生自然よりも生物の多様性が高い重要な自然なのです。「カブトムシ」は私の研究?によると一番好きな木がこの「アベマキ」2番目が「クヌギ」3番目が「コナラ」の順番になっています。(ほんまかいな?)たぶん間違いないと思われます。「アベマキ」は香川の里山の代表的な樹種です。
by th0031 | 2006-01-30 22:10 | ビオトープ | Trackback | Comments(0)
国際湿地再生シンポジウム2006
にほんブログ村 住まいブログへ ← Let's try 「Click」,everyday.
e0066586_19581072.jpg
土日2日間、「国際湿地再生シンポジウム」なるものに出席してきました。「なんじゃそりゃ?」という感じかも知れませんが「湿地」はビオトープの典型的な一つのタイプで、環境問題を語る時には「森林」などと並んで重要なものなのです。近年、特に注目されるようになり、今回会場となった琵琶湖などは「ラムサール条約」に登録され保存、再生を促進していこうという動きが活発になってきています。建築とどういう関係があるの?と思われるかも知れませんが、「環境」という範疇の中で多いに関連性があるとわたしは思っています。詳しいことはまたいずれ述べさせていただくとして、今回の会議は私にとって大変意義のあるものでした。
e0066586_20254774.jpg
基調講演の一つ兵庫県豊岡市の中貝市長の「コウノトリと共に生きる」は感動的な講演でした。不覚にも涙が流れました・・。「まちづくり」の在り方「環境と経済」の在り方についてしっかりとしたビジョンをもって着実に前に進まれています。21世紀の社会のありかたの一つのプロトタイプだと思います。
e0066586_20125880.jpg
懇親会の席で、基調講演をしたもうひとり中村礼子さんと話す機会がありました。四国にはラムサール条約登録湿地がないこと・・四万十川のことを私が持ち出したところ彼女から「満濃池」の話が出て驚きました。私は当初「満濃池」の話を出そうと思っていたのですが、そのレベルに達していないのではと思いあえて間接的に四万十の話をしたのです。彼女の口から「満濃池」の話が出たときはちょっとビックリ。その後、讃岐平野とため池の話・・。実に重要なおもしろい話を聞かせていただきました。これは香川県にとって、まちづくりの大きな起爆剤にできるかも知れません。「うどん」の次は「ため池」・・田尾さん(恐るべき・・の)ともそんな話を昨年末にしたばかりです。

「ため池ネットワーク」と「家づくり」今年のテーマはこれかも???
by th0031 | 2006-01-30 20:27 | ビオトープ | Trackback | Comments(6)
野池新聞購読者のマニアックな会合でした
e0066586_2038252.jpg
大阪にて、「野池政宏氏を囲む会」(そんな名称やったかな?)発足会が開催されました。自然素材を科学者の観点から斬る野池氏と自然素材の家づくりに関わる「濃い」人たちの集まりでした。価値観の近い人たちばかりで、盛り上がりました。

野池氏は今年ビッグイベントを企画しているそうで・・コチラも楽しみです。
野池氏関連ページです。

夜は、通天閣界隈で「ふぐ」でした。
e0066586_20435316.jpg

にほんブログ村 住まいブログへ ← Let's try 「Click」,everyday.
by th0031 | 2006-01-29 20:45 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
琵琶湖より・・
今日はすごいことになってしまいました。今、琵琶湖岸大津にいます。

シンポジウムの席でとてつもない話を聞いてしまったのだ・・。それは讃岐平野のため池に関する大切なお話!内容はまた後日ご報告いたします。「湿地再生シンポジウム2006」でのこと。

もう一つ・・今日はブラックバスを食べたよ。「バスの天丼」うーん、まあまずくは無いけど・・・

ブラックバスを食する意味についてはこれまた後日・・・

にほんブログ村 住まいブログへ ← Let's try 「Click」,everyday.
by th0031 | 2006-01-28 20:31 | ビオトープ | Trackback | Comments(0)
すごいぞ!佐々木
e0066586_739282.jpg
スラローム、ワ-ルドカップ2位!佐々木君やりましたね・・。トリノが楽しみになってきました。アルペン競技で、彗星のごとく・・やって欲しいですね。

明日から「フォルクスハウス見学会」です。お越しください・・。

にほんブログ村 住まいブログへ ← Let's try 「Click」,everyday.

OMソーラーの家(フォルクスA) 見学会のお知らせ
日時 : 1月28日(土)、29日(日)10:00~17:00
場所 : 香川県高松市郷東町23-7(菅組 高松VH展示場) 詳細はこちら・・
設計 : (株)菅組一級建築士事務所
施工 : (株)菅組
by th0031 | 2006-01-27 07:41 | Trackback | Comments(2)
讃岐舎(さぬきのいえ)
e0066586_7464875.jpg
工事中の讃岐舎の様子です。この物件は香川県志度町のもの。各地に讃岐舎の足跡を刻みつつあります。近々見学会を開催予定です。是非一度「讃岐舎」の空間を体験してみてください。「家づくり」の考えかたが変わるやも知れません・・。
e0066586_7494444.jpg


にほんブログ村 住まいブログへ ← Let's try 「Click」,everyday.

OMソーラーの家(フォルクスA) 見学会のお知らせ
日時 : 1月28日(土)、29日(日)10:00~17:00
場所 : 香川県高松市郷東町23-7(菅組 高松VH展示場) 詳細はこちら・・
設計 : (株)菅組一級建築士事務所
施工 : (株)菅組
by th0031 | 2006-01-26 07:51 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
山田家 086
e0066586_20405864.jpg
ここは有名なお店ですね。「山田家」さん。旧家を改造してなかなか良い雰囲気です・・。観光バスで乗り付ける人もいる大きなお店です・・。
詳細はこちら 
e0066586_20425990.jpg


にほんブログ村 住まいブログへ ← Let's try 「Click」,everyday.

OMソーラーの家(フォルクスA) 見学会のお知らせ
日時 : 1月28日(土)、29日(日)10:00~17:00
場所 : 香川県高松市郷東町23-7(菅組 高松VH展示場) 詳細はこちら・・
設計 : (株)菅組一級建築士事務所
施工 : (株)菅組
by th0031 | 2006-01-25 20:43 | 讃岐うどん | Trackback | Comments(2)
フォルクスハウス見学会!
e0066586_737416.jpg
菅組高松営業所のVH(フォルクスA)の見学会を開催します。築4年のOMソーラーの建物をじっくりとご覧ください。

にほんブログ村 住まいブログへ ← Let's try 「Click」,everyday.

OMソーラーの家 見学会のお知らせ
日時 : 1月28日(土)、29日(日)10:00~17:00
場所 : 香川県高松市郷東町23-7(菅組 高松営業所) 詳細はこちら・・
設計 : (株)菅組一級建築士事務所
施工 : (株)菅組
by th0031 | 2006-01-24 07:40 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
剣山スキー場
e0066586_21492492.jpg
今年始めてのスキーに行ってきました。(今シーズンは3度目)ところは徳島県の剣山。車で2時間ちょいで行けるのです。ところで「邪馬台国」はじつは剣山にあったという説があるのです。
それぐらい信仰深い山なのです。四国で2番目に標高の高い山でスキー場は古いのですが、私はここははじめて・・。まあまあ楽しめます。何よりいいのはスキー場へ向かう山道からの風景。昔ながらの風情のある集落が斜面にへばりついています。天然記念物の巨木がところどころにあったり、今度ゆっくり見物してみよう・・。

にほんブログ村 住まいブログへ ← Let's try 「Click」,everyday.
by th0031 | 2006-01-23 07:57 | | Trackback | Comments(4)