讃岐にあった伝説のお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
カテゴリ:名建築( 142 )
サグラダ・ファミリア
e0066586_100451.jpg
ご存じアントニオ・ガウディの「サグラダ・ファミリア」。1983年春のことです・・。聞くところによると今はエレベーターで上まで上がれるそうですが、この当時そんなものはなく幅60cmぐらいの螺旋階段を息切れしながら登った記憶があります。下りの人とすれ違うのが大変でした・・・。
e0066586_1001115.jpg
e0066586_1001912.jpg
にほんブログ村 住まいブログへなにやら今日も押してみませんか?
by th0031 | 2007-02-18 10:06 | 名建築 | Trackback | Comments(6)
松濤美術館
e0066586_830445.jpg
白井晟一の名作「松濤美術館」。渋谷の高級住宅地にひっそりとあります。
1980年代後半の写真と思われる・・・
e0066586_8301570.jpg
e0066586_8302563.jpg
e0066586_8303291.jpg
にほんブログ村 住まいブログへ今年も懲りずに(それでも)押してみませんか?
by th0031 | 2007-02-10 08:32 | 名建築 | Trackback | Comments(6)
YMCA野辺山
e0066586_7212546.jpg
内井昭蔵氏のYMCA野辺山(山梨県だったかな?)。ライトの影響を色濃く受けている建築家だと思いますが、その重厚感のある空間はとても良い。
これも1980年代後半の写真です。
e0066586_7213390.jpg
e0066586_7213821.jpg
にほんブログ村 住まいブログへ今年も懲りずに(ホントに)押してみませんか?
by th0031 | 2007-01-11 07:24 | 名建築 | Trackback | Comments(2)
ローズガーデン
e0066586_7152613.jpg
安藤忠雄氏の初期の作品。神戸北野町にある小さな商業施設です。
学生時代(1982年頃)に撮った写真です。
安藤さんらしくない外観にも見えますが、当時煉瓦タイル貼りの建物をいくつかつくっています。中庭を取り囲むように立体的な通路(路地空間)がうまく配置されていて、ストーリー性を演出しています。後の商業建築の一つのメルクマール的な存在となりました。

にほんブログ村 住まいブログへやっぱりコマメにクリックするのが良いようです・。
by th0031 | 2006-11-28 07:21 | 名建築 | Trackback | Comments(4)
MY ARCHITECT 【マイ・アーキテクト】
e0066586_7114573.jpg
映画「マイ・アーキテクト」(ルイス・カーンを探して)を見ました。といってもDVDですが・・。
この映画は建築家ルイス・カーンの息子が父の作品巡りを通して、謎めいた父親像に迫ろうというもの。
カーンは私も好きだった建築家の一人。
モダニズムの流れとは一線を画した独特の空間は、強烈な個性を放っています。(といっても現物を見たことはいまだにありませんが・・)古典的とも言える端正なプロポーションと素材への徹底的なこだわり・・。学生時代にはよくデザインをまねたものです。

映画の最後にでてくる「バングラディシュ国会議事堂」は圧巻です。
生きてるうちに一度は訪れたい「建築」の一つです。

にほんブログ村 住まいブログへあれっ、最近お忘れでは?Let's Click!
by th0031 | 2006-11-14 07:21 | 名建築 | Trackback | Comments(6)
自由学園 明日館
e0066586_925326.jpg
「奥村昭雄の仕事」・・会場は東京目白の「自由学園 明日館」でした。ここは巨匠F.Lライトの設計によるもの。20年ぶりぐらいで訪れました。写真はJM SHOP(隣接)で買ったポストカード。

私のいとこが「自由学園」のOGなので以前に一度案内してもらったことがあるのです。四谷で仕事をしてた頃のことです。今でもしっかりと使われているのが嬉しいですね。
ライトらしいリズミカルなオーナメントと低いプロポーションが実に良い空間を生み出しています。ヒューマンスケールなんですね。

昔(1980年代後半)撮った写真を紹介しておきます。
e0066586_9372363.jpg
e0066586_9373083.jpg
e0066586_9374032.jpg
e0066586_9374746.jpg
e0066586_9375341.jpg
e0066586_938019.jpg

にほんブログ村 住まいブログへ毎日クリック!やはり基本です。はい。
by th0031 | 2006-09-23 09:44 | 名建築 | Trackback | Comments(2)
親和銀行東京支店
e0066586_7231810.jpg
銀座の親和銀行東京支店。白井晟一の数少ない作品の一つ・・。
そこには彼独特の哲学的空間が厳として存在します。
取り壊されたと聞きましたが、「まさか」・・親和銀行のイメージが私の中で大きく崩れた一瞬でした。

建築はそこに存在する瞬間から、必然的に社会的な影響力をもちます。
この建築に注がれた白井晟一の設計思想やその高いレベルの作品性を実現するための施工サイドのエネルギー、職人さん達の手の痕跡、ものづくりに向かう姿勢・・そんなことを思うと本当に残念ですね。
機能性は別にして建物そのものの耐久性という意味では、まだまだ数十年は充分にあったはずですから・・

長崎の本店懐霄館はまだあるのかな?
e0066586_7324289.jpg
e0066586_7325343.jpg


にほんブログ村 住まいブログへやはり毎日押すのが良いようです・・
 
by th0031 | 2006-08-30 07:33 | 名建築 | Trackback | Comments(2)
宝塚カトリック教会
e0066586_8213836.jpg
e0066586_82244.jpg
e0066586_8222739.gif
村野藤吾氏設計の「宝塚カトリック教会」(1966年)です。名作です。
写真は1980年代の前半に撮ったもの。

氏の地面から生えたような「有機的」デザインの代表作です。

包み込まれるような豊かな空間がそこにはあります。
e0066586_11395712.jpg
当時スケッチしたものです。

にほんブログ村 住まいブログへちょっとココを押してみませんか・・
by th0031 | 2006-05-26 08:29 | 名建築 | Trackback(2) | Comments(2)
三徳山 三仏寺 投入堂(鳥取県三朝町)
e0066586_20374669.jpg
投入堂、以前から一度行ってみたいところのひとつでした。とうとう行ってきました。予想以上の険しい山道を息を切らせながら登ったのでした。
e0066586_20375474.jpg
サバイバル気分で面白いのですが、けっこうハードで危険。なによりしんどい!
e0066586_20381168.jpg
e0066586_20381976.jpg
けっこうなもんでしょう!ずっとこんな感じです・・。
e0066586_20382749.jpg
途中の文殊堂の回廊。ここが一番怖かった・・。
e0066586_20383777.jpg
やっとこさ到着した「投入堂」・・ですがご覧の通り、なんと足場が・・。ことしは三徳山開山1300年ということで、100年に一度の大改修との事・・。残念ながら、全貌を見ることができなかったのだ。
e0066586_20384478.jpg
その代わりといっては何ですが、投入堂の屋根の杮葺(こけらぶき)の寄付を募っていて、屋根材になるサワラの木に墨で名前を入れることができました。投入堂の屋根の一部に名前が残るということで、まあ足場も許したるか。しかしどうせなら竹の足場ぐらいにして欲しかったですね・・。
e0066586_20515243.jpg
しかし、三徳山、素晴らしい山でした!深遠な空気の流れる神秘的な山に神秘的な建築。コレはお勧めです。久々にドキドキしました。未経験の方は是非一度行ってみてください。私も、足場が外れた時に再度チャレンジしたいと思います。
e0066586_8522514.jpg
全貌が見えなかったのでちょっと絵ハガキから拝借。投入堂(国宝)です・・。

うーん、しかしこの連休は久々に良く遊んだ。山歩きウィークでした。お疲れ様でした・・。

ビオトープづくり イベントのご案内
□日時:2006年5月14日(日) AM9:00~PM5:00
     <* 自由な時間で参加OKです。>
□場所:菅組 フォルクスハウス展示場(高松市郷東町)
□設計・監修:ShopMaster(現地でなんとなく・・)
□施工・見学・飲み食い:菅組社員有志及び菅組OBのお客さんなど数名
□参加:自由にどうぞ・・

にほんブログ村 住まいブログへんー、どうも毎日押すのが基本のようです・・
by th0031 | 2006-05-07 20:43 | 名建築 | Trackback(1) | Comments(4)
都ホテル 佳水園
e0066586_7125199.jpg
                  Photo by T.Suga

昔(1980年代)は建築を観るのが趣味の一つでした。その数、数百物件・・。学生時代は時間に余裕がありましたし、東京で仕事をしていた頃は休日となると名建築を物色してました。書棚の奧で埋もれていた当時の写真を少しずつ紹介していきたいと思います。
初回は村野藤吾設計の「京都 都ホテル佳水園」和風別館です。フィリップジョンソンが絶賛したと言われる佳水園は庭を囲むように雁行形につくられています。村野藤吾氏の作品は和風建築にも珠玉の名作が数多くありますが、代表作の一つです。
同じく京都の俵屋旅館(吉村順三設計)などと共に一度は泊まってみたい宿ですが、実現しておりません。

にほんブログ村 住まいブログへんー、どうも毎日押すのが基本のようです・・
by th0031 | 2006-04-26 07:28 | 名建築 | Trackback(1) | Comments(2)