讃岐にあった伝説のお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
しのはら屋
e0066586_18204530.jpg
四国中央市にあった「しのはら屋さん」の味噌。ちょっと買ってみたのです・・・
e0066586_18205242.jpg
ラベルには「この味噌は手造り無添加のため麹菌が生きています。お好みの味になれば冷蔵庫で保存してください。」とある。したがって賞味期限は空欄・・・なかなかやります。
e0066586_18205795.jpg
ビールのつまみにそのままいける。とてもおいしい・・・
by th0031 | 2008-09-13 18:26 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sugakun.exblog.jp/tb/8608453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by やのきち at 2008-09-13 20:04 x
なるほど、無添加ってそういうことになるのですね。例えが違うかも知れませんが、知人からいただいた焼肉のタレが熟成期間半年とのことでした。現在、食べごろまでもう少しなのです。
我々は印字された賞味期限に振り回され過ぎてるのかも?だから改ざんや偽装がはびこるのかも知れませんね。 そういえば昔は、匂ってみたり、端っこをチョッとかじってみたりして、「賞味」できるかどうかは自分で判断したものです。
Commented by th0031 at 2008-09-13 21:04
そうですよね。賞味期限って、いつ頃できたのでしょうか?
他人が決めた数字で食えるか食えないかを決めるのは、現代の先進国の人間ぐらいのものではないでしょうか???
Commented by akikobeya at 2008-09-14 00:13
私は味噌の賞味期限が切れても平気で使っております。
もちろん無添加のものを。
先日はとても値の張る味噌が賞味期限が近く半額以下(それでもスーパーの市販品よりは割高)になっていたので「これは!」と思わず買ってしまいました。
Commented by th0031 at 2008-09-14 16:35
さすが akikobeyaさん こだわり派ですね。
味噌に賞味期限ってなんか変ですよね・・・
<< 新建ハウジング取材 コンクリート打ち放し >>