讃岐にあった伝説のお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
掛布雅之
e0066586_7151125.jpg
2001年10月、ある団体で掛布を講演会に招いた。彼は我々世代のタイガースファンにとって紛れもなくミスタータイガースだった。・・・Ranking・・・

本来シュアなバッティングを「売り」にしていた掛布は21才の入団三年目に3割2分台の打率を残し、彗星のごとくプロ野球界にデビューする。いまでいうとイチローのようなタイプだった。
ところがすぐに当時4番を打っていた田渕がトレードに出され、彼はタイガースの4番を任されることになる。
そこから彼は自身をタイガースの4番に仕立て上げていく。ホームラン王を3回、打点王を2回とっているが、最も近いと思われた首位打者は一度も手にすることがなかった。
結果、選手寿命を縮め33才(だったかな?)という若さで引退する・・・そんな話をしてもらった・・・。

にほんブログ村 住まいブログへなにやら今日も押してみませんか?
by th0031 | 2007-03-28 07:25 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sugakun.exblog.jp/tb/5409307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hirano-soft at 2007-03-28 23:36
いいな。燃え尽きたんですかね。私は掛布さんは大好きです。三連続バックスクリーンへのホームランは・・・。伝説です。
Commented by th0031 at 2007-03-29 06:43
平野さん どうもです。
あまり知られてませんが、21年ぶりで優勝したその年、掛布は130試合4番でフル出場しています。あのバースは3番でした。
したがって三連続の2本目が掛布担当だったわけです・・・。懐かしいですね。
<< Birthday 大師うどん 077 >>