讃岐にあった伝説のお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
讃岐の帆立瓦
e0066586_7284413.jpg
讃岐平野でたまに見かける「帆立瓦」。
「讃岐金毘羅参りの街道には家内安全を祈って屋根の鬼瓦の上に北前船を模した帆立瓦を立てる風習があり江戸期から昭和まで続いた。多くの農家や商家、武家屋敷から寺院にまで流行し、昭和中頃には2千軒を超えていた。」・・らしい。

にほんブログ村 住まいブログへなにやら今日も押してみませんか?
by th0031 | 2007-02-13 07:29 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sugakun.exblog.jp/tb/5143174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by miles at 2007-02-13 09:04 x
讃岐の瓦文化、奥が深そうですね。淡路からきてるのかな?
石見も北前船の影響大ですよ。
バカ殿のチョン髷みたいな棟飾りもありますか?(こちらでは鳥休めと言いますけど。)

Commented by th0031 at 2007-02-13 20:28
マイルス社長 どうもです。
淡路の瓦を使うことは多いですね。でもそもそもは愛媛の菊間あたりから香川に伝わってそれから淡路に伝承したもののようです。
バカ殿のちょんまげですか・・なるほど!ありますよ讃岐にも・・・「鳥フスマ」と言うようです。
<< 貴峰山(とみねやま) 上棟式 >>