讃岐にあった伝説のお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
加瀬野久志
e0066586_727949.jpg
「せとうち暮らし」の取材のお供で倉敷市玉島の加瀬野久志さんに会いに行ってきました。加瀬野さんは機帆船の模型を製作している方で、お父様は船大工さんです。

本当はお父様の跡を継いで船大工になりたかったそうですが、もうその時期には木造船の需要は殆どなくなっており、仕方なく諦めたのだそうです。その後、趣味で機帆船の写真を撮りに全国を飛び歩いたり、資料の図面をもとに機帆船模型を製作したりしているそうです。
e0066586_7271772.jpg
e0066586_7272570.jpg
e0066586_7273387.jpg
e0066586_727406.jpg
e0066586_7275120.jpg
e0066586_7275852.jpg
e0066586_728491.jpg
e0066586_7281149.jpg
e0066586_7282022.jpg
e0066586_7282855.jpg
e0066586_7283633.jpg
お父様の加瀬野英男氏。
e0066586_7284433.jpg
機帆船の設計図。この図面でほぼ船の全容が把握できたそうです。
e0066586_7285433.jpg
取材の様子は次号の「せとうち暮らし」に掲載予定です。お楽しみに・・・

著書「滅びゆく機帆船」
著者 :加瀬野久志
発行者:加瀬野久志
出版 :出版サービスセンター
by th0031 | 2015-07-02 07:41 | | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://sugakun.exblog.jp/tb/23357069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ShopMasterのひ.. at 2016-01-27 08:34
タイトル : 第三大安丸@中島
松山市の沖にある中島へ行ってきました。ここでは「みかん船」なる木造機帆船が今でも現役で活躍しています。 この木造船は以前取材させていただいた玉島の船大工 加瀬野英男さんが昭和32年に造られたもので現オーナーは3代目とのこと・・・。瀬戸内海全域でも今では木造船は10隻あるかないかという貴重なものらしいです。 今では30代の若い船長 濱松和彦氏によって引き継がれています。船長室も見せてもらいました。昔ながらの羅針盤。両サイドにベッドが二つあって寝泊まりできるようになっています。小さな明かり取り...... more
<< ビオトープ取材 1000000人のキャンドルナ... >>