讃岐にあった伝説のお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
街の風景となる・・・
e0066586_11413838.jpg
讃岐富士のふもと丸亀市飯山町で住宅見学会を開催します。
予約制となりますのでよろしくお願いします。

□日時:2016年8月27日(土)・28日(日)10:00~17:00
□場所:丸亀市飯山町(詳しくはこちら
e0066586_11414416.jpg

# by th0031 | 2016-08-17 11:46 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
もうひとつの軍艦島
e0066586_1531055.jpg
広島県竹原市の沖に浮かぶ契島(ちぎりしま)。なんとここは島全体が精錬所(契島精錬所)で今でも現役で稼働しているのです。島のほとんどが東邦亜鉛株式会社の所有で、同社の工場(契島製錬所)となっています。日本の40%以上の鉛がこの島で製錬されているそうな。

不覚にも最近までこの島の存在を知りませんでした。
もう一つの軍艦島と呼ぶにふさわしい衝撃的な光景がそこにはあったのです。
今回は大崎上島という島へ行くのが目的でしたので、あまり近づけませんでしたが次回は契島行きのフェリーで近くまで接近してみたいと思います。

一見の価値ありです・・・。
e0066586_1531534.jpg

# by th0031 | 2016-08-15 15:43 | 遠征 | Trackback | Comments(0)
風景をつくる
e0066586_849384.jpg
讃岐舎(さぬきのいえ)が生まれ変わろうとしています。

今回の讃岐舎は構造材をすべて香川県産檜でつくった家です。
香川県産材が徐々に流通に乗り始めたことや「合わせ梁」という技術で県産材の利用が一気に現実的なものになりました。
讃岐舎では、これまでも香川県産檜のオリジナル玄関ドアや県産檜のフローリングなどを使用してきましたが、今回構造材に県産檜を使うことで全面的に「香川県産檜の家」といえる家を実現しました。新しい「讃岐舎」の誕生です。

家づくりに風土地域性を・・・

新しい讃岐舎がはじまります。

讃岐舎 OPEN HOUSE

日時:2016年8月6日(土)・7日(日)10:00~17:00
場所:香川県高松市円座町

詳しくはこちらをどうぞ。
e0066586_8491192.jpg

# by th0031 | 2016-08-05 09:17 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
一芳亭 船場店
e0066586_12512636.jpg
同じく地下鉄堺筋本町駅のすぐ近くの食堂街にあるシューマイのお店「一芳亭(いっぽうてい)」。草屋根の会で地元大阪界隈の人たちから聞いていたので、今回立ち寄ってみたのです・・・。
e0066586_12513228.jpg
e0066586_1251374.jpg
e0066586_12514388.jpg
e0066586_12514829.jpg
e0066586_12515325.jpg
シュウマイ定食。
お持ち帰りもできます・・・。
e0066586_12515965.jpg
黄色い皮が特徴的。
# by th0031 | 2016-08-04 12:55 | | Trackback | Comments(0)
やしま 079
e0066586_12221721.jpg
大阪 地下鉄堺筋本町の駅近くの食堂街にある讃岐うどんのお店「やしま」。ざるうどんをいってみる・・・。

東京渋谷にも「やしま」といううどん屋さんがあるようですが、こことは違うお店のようですね。
e0066586_12222432.jpg
e0066586_12223162.jpg

# by th0031 | 2016-08-03 12:25 | 讃岐うどん | Trackback | Comments(0)
ソールズベリー大聖堂
e0066586_8524468.jpg
ロンドンの郊外、ソールズベリーという街にあるゴシック建築の名作。大聖堂もさることながら、そこへ至る道のりの景色が素晴らしく美しかったことを覚えている・・・。

川面の水面レベルが高いことも日本にはない風景ですね・・・。

1983年 初春のこと。
# by th0031 | 2016-07-31 08:56 | 名建築 | Trackback | Comments(0)
名脇役たれ
ここ数年全社の「年次目標」に掲げさせていただいてる言葉があります。
e0066586_16255855.jpg


名脇役たれ


主役はいつも住まい手さんだったり、その建築を使う人たちだったりします。

建築は、主役が気持ちよく演じられるような名脇役でありたいといつも願っています。

そう、建築はいかなるときも主役にはなり得ないのだと思います・・・
# by th0031 | 2016-07-28 16:27 | 家づくり | Trackback | Comments(0)