讃岐にあった伝説のお店「OMエコショップすが」の元ShopMasterが日々の出来事を綴ります。
by th0031
検索
カテゴリ
タグ
ライフログ
XML | ATOM

skin by excite
高瀬町で「木の家」見学会
今週末、高瀬町比地で住宅見学会を開催します。大きなテーブルのある「木の家」です。お越しください・・・

日時:2014年10月25日(土)・26日(日)10:00~17:00
場所:三豊市高瀬町比地
詳しくはコチラから


# by th0031 | 2014-10-23 07:01 | 家づくり | Trackback | Comments(0)
梅田吸気塔
大阪梅田の交差点にある梅田吸気塔。村野藤吾の1963年(昭和38年)の作品です。ステンレスの板をリベットを見せて留めていく工法で有機的で複雑な形状をつくり出しています。
止め金具を見せて、あえて張りぼてであることを堂々と主張する意匠はウィナーゼツェッションの作家 オットー・ワーグナーの影響ではないかと思われますが、見事に村野流に昇華しています。50年以上たった今も全く古さを感じさせないのは時間をデザインする村野藤吾の真骨頂といったところですね。

# by th0031 | 2014-10-22 07:25 | 名建築 | Trackback | Comments(0)
秋の畦散歩
秋祭りの一日、沓脱八幡神社で待機中に近くの畦(あぜ)を散歩してみる。そこには秋の野草の光景が拡がっていました・・・。畦は生物多様性を育む大切なビオトープですね・・・。

# by th0031 | 2014-10-21 07:09 | ビオトープ | Trackback | Comments(0)
レスポンシブル・カンパニー
私の最も尊敬する経営者の一人イヴォン・シュイナードが書いた本。ただいま読書中・・・・。
行動に移せる具体的な項目があがっているようで楽しみです。
レスポンシブル・カンパニー

# by th0031 | 2014-10-20 07:00 | | Trackback | Comments(0)
浪花組本社ビル
心斎橋にある浪花組本社ビル。1964年竣工の村野藤吾の作品です。50年以上の時を刻んでいます・・・。
村野建築のファサードは時に恣意的な装飾過多とも思える表情を見せることがありますが、この作品もまさにそんなデザイン。実物は写真で見る印象とは違ってとても柔らかな表情です。村野建築の真骨頂のひとつですね・・・。
エントランスの壁仕上げ。見たことのない仕上げなので社員の方に聞いてみると「モルタル小たたき仕上」だという。見事な左官技術の作品でありました。ちなみに浪花組さんは村野藤吾の作品を数多く手がけた左官の会社。
# by th0031 | 2014-10-18 07:10 | 名建築 | Trackback | Comments(0)
特別展 村野藤吾 ~やわらかな建築とインテリア~
大阪歴史博物館で開催されている村野藤吾展を見る機会がありました。見たことのない村野デザインの家具や備品、模型などもあり貴重な展示でありました・・・。
その後いくつかの村野建築の見学会。まずは南大阪教会。ここは学生時代に訪問して以来30年ぶりの再訪でした。塔屋部分は昭和3年(1928年)の作品、独立前に村野個人として設計したものです。
昭和3年の定礎石。
礼拝堂部分は昭和56年(1981年)に改築されています。
学生時代に書いたスケッチです。
# by th0031 | 2014-10-16 07:29 | 名建築 | Trackback | Comments(0)
仁尾秋季大祭 2014
今年も秋祭りが無事終わりました。台風の影響もなんとか回避でき、良いお祭りでした・・・。
写真は宵祭りの夕刻、仁尾マリーナの夕景とともに。


動画は最終日「辻の札場」御旅所での奉納。
Tags:# 
# by th0031 | 2014-10-15 07:11 | 暮らしの風景 | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >